最後のごあいさつ

2012年9月24日

 みなさんおひさしぶりです、木村早苗です。
 iPhone 4Sからほぼ1年、ついにiPhone 5が発売されましたね。今年は大型量販店で予約したのですが、普段地元のショップで予約する私にとって「長蛇すぎる整理券配布の列に並ぶ」経験はなかなか新鮮でした。au版でテザリング(iPhoneを介してノートパソコンをネットに接続できる)サービスの開始が先に発表されたこともあってか、店頭ではどちらのキャリアでもかなりの賑わいだった気がします。

iphone5-1.jpg

 そして、デザイン・内部ともに変更が加えられた点が大きなポイントのiPhone 5。実際に手にした感想ですが、まずはシンプルに「画面が大きくて薄い」でした。私は手が大きいので持ちやすくなった感も。アルミとガラスのコンビデザインも写真よりずっとバランスがよく、すっきりした印象を受けました。そして動作のサクサクぶり。これが思っていた以上のもので本当にびっくりでした。さすがCPUを最新のものにしただけあります。
 また、発売より一足先に発表されiPhone 5で標準となったiOS6。Facebookとの連携や3Dマップなどが目玉とされていますが、それよりも気になるのが会員券やチケット情報を管理できるPassbook。ANAやTSUTAYAがすでにサービス対応を表明していますが、この対応が広がればいろいろと便利になりそう。JRやライブの運営会社も導入してくれないかしら...とかすかな期待を寄せています。PassBookのクーポンを探せるサイト「PassBank」もスタートしているので、こちらでチェックするのもオススメです。

iPhone向けアプリケーション"Passbook"がご利用可能に! | ANA SKY WEB
http://www.ana.co.jp/share/mobile/smartphone/passbook/
PassBank(iPhoneから閲覧)
http://passbank.jp/no.html

一方の「マップ」はすでにさまざまな報告が出ていますが、確かにかなり情報が貧弱。しばらくはGoogleマップのブックマークをホームに置いて併用する形がよさそうですね。

Safariのブックマークをホーム画面に表示する方法(本誌P.53)

その他、アプリなども含め、使い心地などはこれからゆっくり検証してみようと思っています。

 *

さて。iPhoneが発売されて5年の日々が立ちました。そのうち約2年ほどの間に、iPhone 4、iPhone 4Sの発売ごとに2冊の『かわいいiPhoneのきほん』を発売させていただきました。このシリーズは「iPhoneを買ったけど聞く人がいない。そんな、ひとりで悩む女子のお守りになれば...」という気持ちで作成した書籍です。しかし、iPhoneが「一部の人たちのガジェット」から「みんなの通信ツール」へと変化を遂げ、いまや発表される新機種はほぼスマートフォン。iPhoneも「女子ユーザー」という言葉が必要ないほどに定着したと言えます。女子向けのかわいいアプリや周辺グッズがバリエーション豊富になったのも、その証なのかもしれません。
この背景を受け、本シリーズは一つの役目を終えたと考えました。iPhone 5版は残念ながら出版されませんが、どうぞあまり考え込まず、いろいろなスタイルでiPhoneを楽しんでみてください。

 最後に、この2冊を購入してくださったみなさん、ご協力いただいた方やメーカーのみなさん。本当にどうもありがとうございました。「チームkawaii」全員からお礼を申し上げます。
 またどこかでお会いしましょう!


手帳アプリ座談会「すてきな手帳アプリはどこにある?」番外編(最終回)

2012年4月 2日

 こんにちは、木村です。暖かくなり、気持ちのいいお天気の一方で花粉症持ちとしてなかなか厳しい日々を過ごしております。みなさんはいかがでしょうか?
 さて、1月からおつきあいいただいた座談会番外編も、ついに最終回。今回は「4.iPhoneアプリ情報はどこから?」についてです。本誌とともにどうぞ。

※1 (P.00)は本誌の掲載ページです
※2 アプリ評価などはあくまで個人の感想です

 * *

4.iPhoneアプリ情報はどこから?

ふみ:アプリを探してくるのは男子の方が意外と得意だよね。機能もすごくチェックしてるし、「なんでそんなこと知ってるの?」っていう情報まで持ってたり。
まみ:長らく使ってきたiPhoneなのに、今まで見たことがないような画面をさらっと表示させたりするよね(苦笑)。
しほ:わかる~! うちの兄も私の全然わからない話をしてくるし、iPhoneにすごく強いよ。
ゆみ:そういえば、普段からアプリ探しってどうしてます? 私はApp Storeがダントツなんだけど、家族や身近な人に聞くことも多いのかな。
ふみ:うん、私はダンナさん。
まみ:私はFacebook上の、パソコンに強い人のコメントからが大半ですね。あそこならインターネットに詳しい人がいるだろう、という前提を持っているので...。
ゆき:私はApp Storeでランキングを上から順に見て行ってる。
しほ:私もApp Storeでイチから検索してるかな。
ゆみ:まあでも、一回だけ使って放置するアプリも多いから、ランキングも結局はあまり関係がないってことなのかもしれないなあ。
ふみ:そうそう。私もランキングやFacebookやTwitterのコメントを見て、最終的にはダンナが一番詳しいんじゃないの、って結論になったので...。
まみ:ふみさんのダンナさんが有能なんだね(笑)。いろんなアプリがあるけど、とにかく手帳アプリはたくさんあるから、いいのを選ばないとね。それで、来年からはできる人に。
しほ:諦めずにがんばろう。
全員:(笑)。

 * *

軽めの雰囲気ながら、意外と重要なトピックだった最終回。口コミの強さはどんな商品やサービスでも重要視される部分ですが、iPhoneのアプリでもそれは同じのようですね。というわけで、次回からは再び、注目のアプリなどを紹介していきたいと思います。お楽しみに。


手帳アプリ座談会「すてきな手帳アプリはどこにある?」番外編(その5)

2012年3月29日

 こんにちは。少し暖かくなり、桃や木蓮などの花がきれいな時期になってきました。今年は春一番が吹かない不思議な天気で珍しい年だったそうですよ。
 さて、年頭からPC・iPhoneを巻き込んで起こった「Pinterest」祭りも一段落、定番アプリとして定着した模様。そんな今、個人的に気になっているのは「iQON」というファッションアプリです。これは、さまざまなブランドのアイテムをユーザーがコーディネイトし、雑誌ライクなコラージュデザインで見せ合うことができるというもの。元々、PC版でも人気があったサービスですが、iPhoneアプリのリリース後にWebサイト訪問者数が、月間100万人を突破したそう。ですから、すでに知っているまた使っている方もおられるかも。最先端のおしゃれを楽しめ、ビジュアル的にもかわいい上に無料アプリですので、ファッションが好きな女子は試してみてはいかがでしょうか。
 ということで、今月の座談会番外編は「3.男性と女性のiPhoneの使い方の違い(後編)」です。本誌とともにどうぞ。

※1 (P.00)は本誌の掲載ページです
※2 アプリ評価などはあくまで個人の感想です

 * *

3.男性と女性のiPhoneの使い方の違い(後編)

■女子には「ふんわり予定」が多いんです。

まみ:スケジュールの話で言うと、「未定の予定」ってのが結構あるんですよね。スケジュールアプリって、校正が来るのはだいたいこの辺...みたいに日程が曖昧だと書き込みづらい作りじゃないですか?
しほ:確かに。一度入力しちゃうと直すのも面倒だし、変更になった予定がそのままになってることはあるかもしれない。この週のどこかにあるっていう注意書きも、一緒に余白に書いてるからいいかなって。
ゆき:雰囲気入力ができないんだよね。
ふみ:雰囲気入力(笑)。でもそうだよね、そういう曖昧な予定がアナログな付箋メモにどんどんスライドされていっちゃう。
まみ:あと、日付とは直接関係ないメモ欄も欲しいんですよね。例えば、この日の取材で○○さんに会うから事前に著書を読んでおきたい、とかね。別々にメモしてると忘れるからカレンダーの近くに書けると助かるのになって。
ゆき:そういうメモは、取材が11日だとしたら11日の枠に書いても意味がないよね、事前に必要な作業だし。
しほ:この日までにこの作業をする、っていう日程と緩く紐づけられるTO DOメモだといいな。
まみ:自分の中での目標みたいなことは、日付をきっちり決めないだけにね。
ゆき:そうだね、ふんわり予定の置きどころが私たちには重要だよね。
ゆみ:うん、ふんわり予定大事!
しほ:この狭い余白に書いて、要らなくなって消した時のこの汚い感じね(苦笑)。
ゆみ:予定自体は一つだけなんだけどね...。書いて消してをやってるだけで。
まみ:あと、さっきの事前準備と似てるんだけど、作業の締切まで期限がある予定ね。これも「11月末までに解約」なんて項目は当日の記入じゃ意味がない。
ゆき:もう手遅れだよね。
まみ:だから、今は月末〆なら予定は20日頃の欄に書いておいて、自分に「あと10日位でやりなさいよ」って再確認する感じにしてる。
しほ:一週間後にある友達の誕生日にプレゼントが買いたい時、とかもそうよね。
ふみ:わかる! 役所の手続き関係や病院もそうだよね。
まみ:そうそう。「この週までに役所に行く」みたいな感じね。
ゆき:でもアプリはそれがやりづらいんだよね。手書きリストみたいになっちゃって。
まみ:しかも、必ずするとは限らない作業もありますからね。チケットの先行予約期間、初日じゃなくていいけどこの辺でできたらいいよね、とか...。
ふみ:日付の決まらない予定なんていっぱいあるよ!
しほ:むしろ決まってる方が少ないかもね。
ふみ:うん。「この辺りに打ち合わせが入るかも...」みたいなさ。

■「ふんわり予定をカバーしてくれるスケジュールアプリはないものか!?」

まみ:さっきから出てるけど「ふんわり予定」っていいネーミングだよね。雲っぽいところに羊がいる、みたいな感じがするよね。
ゆみ:羊を動かせるようなデザインだとかわいいかも。
まみ:いい! そういうアプリがあるといいね、もしくは作ってもらいたい。
しほ:「チームふんわり」のためのスケジュールアプリだね!
まみ:締め切り守らなさそう(笑)。
ゆみ:ひどい(笑)。
しほ:でもホント、笑いごとじゃなかったりするんだよ~。うちみたいに、常に打ち合わせ日程がふんわりしてるとスケジュールは書き直しばっかりでいちいち面倒くさいの。
まみ:直前で変わることも多いし、変えるのを忘れてて当日「あれ???」ってなる場合もあるもんね。
ふみ:あー、実際に記入したらふんわり予定ばかりになりそう(苦笑)。でもさ、付箋アプリと手帳アプリが連携できて、手帳のカレンダー部分ではふんわり予定が羊の背中に書けて、確定した予定からどんどん檻の中に入っていく...ってデザインのスケジュールアプリがあったら絶対かわいいよ!
まみ・しほ:かわいい!
ゆみ:このデザインでアプリを作ってくれる会社はないものかな...。
全員:本当だよね~。

 * *

「ふんわり予定」でひとしきり盛り上がった座談会番外編ですが、次回はいよいよ最後の項目です。それではまた、次回をお楽しみに!


手帳アプリ座談会「すてきな手帳アプリはどこにある?」番外編(その4)

2012年3月 8日

 こんにちは。新iPadとともに、ようやくiPhone 4Sのバッテリー問題に対応したiOS 5.1が発表されましたね。iOS 5.0.1の効果が今ひとつだったのでかなり期待しています。「Siri」の日本語対応やロック画面でのカメラのショートカット常時表示、au向けiPhone 4SでFaceTimeとiMessage対応など、細かいながらも大きな改善が成されているようなので、ぜひ(バックアップを取った上で)OSのアップデートをかけてみてください! ちなみに、2月22日には突然[iTunes in the Cloud]の提供もスタートしていますので、チェックしてみてくださいね。
 ...と同時に、花粉症の季節も始まっているようです。花粉情報のチェックできる天気予報アプリ[ウェザーニュース タッチ]などを活用してうまく乗り切りましょう。

 さて、今月の座談会番外編は「3.男性と女性のiPhoneの使い方の違い(前編)」です。本誌とともにどうぞ。

※1 (P.00)は本誌の掲載ページです
※2 アプリ評価などはあくまで個人の感想です

 * *

3.男性と女性のiPhoneの使い方の違い(前編)

■iPhoneとの接し方
ゆみ:私、iPhoneユーザーだけど未だに入力が苦手なんですよ。ネイルアートしてると細かい部分の入力が大変だし、やっぱり手帳の方が楽って思っちゃう。しかも4Sになって反応しやすくなったのはいいんだけど、逆に思いがけないものが入力されちゃったりして...。
しほ:間違った変換を入れ直して...とかやってるとイライラしちゃうよね。私は標準カレンダーに入力していたんですが、半月の時点で疲れちゃって1カ月分も入力できなかったですよ。「もうムリ!」って(苦笑)。
ふみ:男性はそういう面倒な部分を楽にするために同期するのかもしれないね。キーボードで入力しておいてiPhoneに送るっていう。
しほ:確かにそれはあるかもね。だけどせっかくiPhoneなんだし、これ一台で完結できるのが長所だと思うんだけどな~。
まみ:アプリごとに変換速度の違いも結構ありますよね。
全員:うんうん。
ゆみ:反応悪いアプリはすごく悪いよね、ワンクッション置く位の。
しほ:あと手順がやたら何段階もあるアプリとかも別の意味で反応悪いよね。iPhone一台だと疲れてくる...。
ふみ:こうして見てると、iPhoneをどう使うかって目的によって接し方も違うし、必要としてる部分も違ってるよね。同期の話も、iPhoneをミニPC的に使うというか、書類を見るような外部インターフェイスとして、情報の入力は会社のPCで...なんて一連のサイクルができてるビジネスマンだとやっぱり同期するのが使いやすいんだろうし。こういう部分も含めた上で、さらに男女間でも気になる部分が違う。女性の視点はこういう部分にポイントがありそう。
しほ:あとはApple製品だけに感じられる何か、だよね。
ふみ:そういえば、docomoかどこかで「ネイルをしていても使えるキーボード」ってのがウリの機種があったよね。
ゆき:あったあった! キーボードがあるスマホだよね。ネイルもそうだし冬に手袋しながら使えるのがいいな~とは思ったよ。だって私、手袋に縫い付ける電動糸(iPhoneのタッチパネルに反応する糸)を買った位だもの
まみ:最近はスマホ用手袋も出てるよね。でもあんなダサいのは使いたくないしなあ~。
ゆき:私みたいに糸を買って縫い付ければ? そこまでしないか(笑)。

 * *

インターフェイスと使い方、「えっそんなところに!?」という部分が意外と気になる座談会メンバーでした。後編では「ふんわり予定とカレンダー」話が盛り上がり...ていうか「ふんわり予定」って何よ!? ...というところで、また次回お会いしましょう。お楽しみに!


手帳アプリ座談会「すてきな手帳アプリはどこにある?」番外編(その3)

2012年2月14日

 こんにちは。寒い日が続きますがいかがお過ごしですか? 雪が降って楽しい(大変な)時も過ぎ、昨今はインフルエンザも流行っている様子。どうぞお気をつけくださいませ。
 さて、今月の座談会番外編は「2.連携とか同期って必要なの?」です。本誌とともにどうぞ。

※1 (P.00)は本誌の掲載ページです
※2 アプリ評価などはあくまで個人の感想です

 * *

2.連携とか同期って必要なの?
(仕事は紙の手帳、プライベートはiPhoneで管理する人が多いという話から)

しほ:うーん。確かに、仕事とプライベートの予定をiPhoneだけにまとめて記入するのって、使いづらくなっちゃう気ががする。

Q.[スケジュールストリート]のようなレフィル型アプリが用途別に使えるとよいのかも。プライベート用と仕事用を分けたいという意見が多いですが、やはり連携や同期作業への不安があるから?

しほ:そうそう。最近のアプリって、何かというとFacebookやTwitterと連携させようとするから嫌なんですよ。
ゆみ:誤作動しそうで怖いよね。特に仕事先の人がいるFacebookにはプライベートの情報が流れると困る...みんなそういうのってあると思うんですけど。
しほ:だいたい、自分の行動を知らせようとも思わないもの。伝わると気まずい所だってあるから、むしろ流出しないためのロック機能がほしいくらい。

Q.FacebookとTwitterに連携させるのって男性の感覚という感じがする?

ふみ:そうだと思いますよ。
まみ:Googleカレンダーの同期もそんな気がします。Facebookもそう。何か特別なイベントがあるなら意味もあるけど、それほどない人の方が多いのに必要なのかなって思う。
しほ:便利さよりも、連携しすぎて一気にいろんな場に情報が広がる怖さが先に来てしまうんですよね。
まみ:そうそう。女子には秘密が多いからWebにヘタに繋がないで、ってのが本音。一回のミスタッチで、それこそ人生が崩壊しかねない...。
ゆみ:自分限定のストレス発散用秘密メモとかあるしね(苦笑)。あと私の場合は、同期に失敗して一度全部データを消しちゃってるから、今も同期ってこと自体が怖くって。

Q.今日の座談会メンバーでは、4:1で「連携させない」派が多いですね。

まみ:iPhoneを落とした時に見られたくない情報は入れたくない。
ゆき:逆に私はつねに連携させたい派なんだけど、そう言われると確かに少し怖いかも。落とした時の話はやっぱりね...。
ゆみ:だから私が選ぶiPhoneアプリは、ロック機能がついてるのが前提です。
まみ:Facebookですら公開範囲を限定してるのに、iPhoneからダダ漏れになったらなんの意味もないですもんね(苦笑)。
ゆき:みんなが言うように、連携や同期って意外と男性の発想なのかもしれないね。
まみ:男の人は何でも管理センター的なもので集約させたいって感覚があるのかもしれないけど、女子は逆なんじゃないかなあ。

 * *

 いかがでしたか。同期や連携の扱いから男女のiPhoneへの接し方の違いへ。次回はそこに加え、iPhoneと日々格闘する女子の姿が現れてきます。お楽しみに!


手帳アプリ座談会「すてきな手帳アプリはどこにある?」番外編(その2)

2012年1月12日

 明けましておめでとうございます。年始のご挨拶には少し遅くなってしまいましたが、本年も『かわいいiPhoneのきほん iPhone 4S edition』と本ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
 さて、今年最初の記事は、昨年末に掲載した座談会の番外編「1.手帳にあったらいいなと思う機能」の後編をお送りします。本誌とともにお楽しみくださいね。

※1 (P.00)は本誌の掲載ページです
※2 アプリ評価などはあくまで個人の感想です

 * *

1.手帳にあったらいいなと思う機能(後編)

■他のアプリとメモがアイコンで連携できればいいのに

ゆき:「H&M」のアプリ、店の場所とかコレクション商品やセール情報が見られるようになっていて結構いいんですよ。
しほ:こういう情報をタッチするだけで手帳の日程にアイコンが貼れるような仕組みを作るのって難しいのかしら。それができればいちいち「Evernote」を開かなくてもいいですよね。
ふみ:例えば、H&Mのアプリで、セールが5日からならその箇所を押せば手帳の日付に貼られる感じですよね。自分の興味があることや関心事が、簡単に日付や週の空き枠に貼れるっていう。
まみ:アイコンならささいな出来事でも残しやすいですよね。彼氏に会った日とか、もし情報を間違って連携させちゃっても他の人にはわからないし。
ふみ:だからアイコンは種類がたくさんあって、かわいいデザインがいいんですよね。よく使うアイコンを記憶させて下側に表示させたり、自分でメニューが作れたりとか...Excelみたいにできたらいいのにね。
まみ:それは便利かも! ダイエット達成できた日とか、些細すぎることを書いても気にならない。
しほ:私、記入する時の時間設定がなんとなくしっくり来ないんですよね。
ふみ:私もそこは感覚的な表示がいいなあ。パレットが出てきて、選ぶ、貼る、完了、みたいな簡単さというか。
ゆき:あと、手帳には個人的な感想のような一言を書けるスペースがあると嬉しいかな。私は一言メモ専用に「瞬間日記」を入れてる位なんです。このアプリは140文字までだから、Twitterに慣れてるとちょうどいいボリュームなんですよね。ちょっとした文と写真で食べ物メモを作るような時にぴったりだし。

■カウントとか、アラートとか。

まみ:映画の封切り日なんかは忘れがちだから、そういう少し先の予定をアラートでお知らせしてくれる機能もあるといいかな。iPhone 4Sにはリマインダー機能もあるけど、単体アプリだからなあ。あとは映画もそうだけど、展覧会とかだと期間があるでしょう? 4日間程度なら期間も記入できるけど、1カ月以上あるものって記入しづらいんですよね。初日に行く必要がないなら初日に記入するのも変だし...外出先で見ても「今何やってるのかな?」ってすぐわかるようなカウントやアラート機能があるといいなって。特に展覧会と映画、クラブイベントなんかは重宝するんじゃないかしら。
ふみ:それはすてき! 展覧会ってうっかりすると逃しちゃいますよね。終わった翌日に気づくこともほんとに多いし。
ゆき:カウントするだけならCount It!(「いつだっけメモ Count It !」)がありますね。美容院に行った日にスタートすれば、日にちを勝手にカウントしてくれるアプリ。本当にカウントだけなんだけど、こういうシンプルなものこそ手帳にあると便利そうですよ。
しほ:それいいな?ネイルとマツエクと美容院とか? あと私はコンタクトが2週間用なんだけど、そういう「そこまで手帳には書かないでしょ」って物にもよさそう。
ゆみ:私の場合はiPhoneにはプライベートの予定しか記入しないんだけど、普通の人だと、遊びの予定ばかり記入するのもどうかって感じですもんね。マスの場所も取るし(笑)。
まみ:私もそう。iPhoneの手帳はプライベート用だから、余計に楽しい機能があってほしいと思うのかも。

 * *

 アプリ座談会番外編(その2)はいかがでしたか。次回の番外編トーク内容は、最後に少し出てきた、プライベートと仕事での手帳の使いわけと同期の関係などについてです。お楽しみに!


手帳アプリ座談会「すてきな手帳アプリはどこにある?」番外編(その1)

2011年12月29日

 本誌80~83ページに掲載の座談会はご覧になりましたか? 実はあの内容、座談会のほんの一部を切り取ったものなんです。なにせ実際の収録時間は2時間超えでしたからね。これをナシにしてしまうのはもったいない! ということで、番外編としてこちらのブログで少しずつご紹介していきたいと思います。本誌の内容と少し重なっている部分もあるかも知れませんが、その点はご愛敬でひとつ。
 今回は、手帳にあったらいいなと思う機能(前編)です。

※1 (P.xx)は本誌の掲載ページです。
※2 アプリ評価などはあくまで個人の感想です。

1.手帳にあったらいいなと思う機能(前編)

■「手書き文字のアプリが好きなんです」

まみ:私、手書き文字のアプリが好きなんです。「UYH GOLD」は光で認識するアプリで見た目もかわいいのでよく使ってます。自分でかわいい記号を書いて使えるし、飽きたら違うのに変えられるしね。
ゆみ:わ、これかわいい! 「CCal」(P.83)や「Fast Calendar & Tasks (Calvetica)」(P.83)のメモ部分が手書き記入欄になっていたりしたら、ちょうどよく使えそうだよね。
ふみ:さくさく動くのがいいよね。これ、もし外部に映像として出せたらライブVJにも使えそうで面白いですね。
まみ:手書きアプリもいろいろあって、この「iJot 手書きのメモとメッセージ」は細字が書けるので簡単なメモならできちゃう。長文も楽だし文字色やパッドのデザインも変えられるから便利でおすすめです。あとは、文字が太くてかわいい感じに仕上がる「FastFinga 3」(P.86)かな。こんなふうに書き味の違うアプリを使ってメールすると本当に喜ばれるんですよ。
しほ:ほんとだ、かわいい。
まみ:女子って、やっぱりこういう自分で何かカスタマイズできる部分に萌えると思うんです。最初から全部作ってあってはいって渡されるよりは、自分のアイデアでいろいろできる部分も大事というか。
しほ:「i手帳 Lite」(P.81)もその方向性を目指したんだろうけどちょっと違うんですよね。動かす時のフリック操作や文字を書く時の動作とか、ちょっとした操作が使いづらくて本当に惜しい。やっぱり動きのよさは大事だと思うな。
ふみ:(いろいろ書いている)ん~手書きいいですね。
まみ:この辺のアプリが手帳で使えたら言うことないんですけどね。

■からだに関する表示がまとめて見られたら...

ゆき:普段は「生理カレンダ Lite (Period Tracker)」(P.71)と身体管理のアプリを使ってるんですが、もし体重と生理日管理ができて、痩せやすい日に合わせてダイエット用レシピが表示される、なんて手帳があればいいなと思います。女性って周期的に体調が変わるから、手帳でまとめて見られると便利そうですし。
まみ:それいいかも! いろんなアプリを開くのは意外と面倒ですからね。旅行の予定を確認する時に一緒に見られると便利そうだなーとか。
ゆみ:私は今は「生理カレンダLite」と「妊娠カレンダー」を一緒に使ってるけど、女子は何かとあるもんね。
まみ:そうそう。眠くなったりもするし、体調が悪い日がわかるとスケジュールが組みやすいですよね。
ふみ:私はそういうアプリを使ったことがなかったんですが、体重が落ちやすい日にダイエットレシピが表示される手帳は確かに嬉しいかもしれない! タニタのレシピと連動してるとか...。
ゆき:タニタはいいね! ネットの方が情報量が多いものは上手に使わないともったいないし。それからダイエット関係だと、30秒カウントしてくれる筋トレアプリ(P.74「引き締めトレーニング」)や、自転車に乗り始めたのでNike+の自転車版のようなログ系は手帳の端にでもあると便利かも。
ゆみ:「RunKeeper」みたいな「今日は何キロ走ったか」とか?
ゆき:そうそう。かといって細かすぎると逆にやらなくなるから、例えば「出発地をGPSで表示して、記録して、終わったらボタンを押して終わり」みたいなごくシンプルな感じだといいかな。で、特にこういうログ系アプリはあんまりバッテリー喰わないってことだね。
ゆみ:そうだね、アプリを止めるの忘れることもあるし。そういえば最近はバッテリーを喰うアプリが多い気がするなあ。
まみ:どんなに便利なアプリが入っていても「電源が落ちたらただのハコ」だから...。
全員:ほんとほんと!

 次回は、手帳にあったらいいなと思う機能(後編)です。よい年末年始をお過ごしくださいませ。


かわいい本づくりのための、心強い協力者

2011年12月28日
 こんにちは、木村です。書籍が発売されて少し経ちましたが、もうご覧になって戴いたでしょうか。まだの方はぜひ本屋さんでチェックしてみて下さいね。
 さて、今日は制作の上でかなりお世話になったお店をご紹介しようと思います。やはりかわいいiPhoneのきほん』というからには、女子のみなさんにぱっと見で「わっかわいい!」と思ってもらえるような雰囲気にしなくてはいけません。全体的なデザインはミルデザインさんががんばってくださいますが、その素材になるキャプチャ作成は私の担当です。つまり、映り込むものをすてきなものでまとめられるかどうかも私のさじ加減。
 ちょうど前回の執筆の際、うーんと考えて思い出したのが近所の雑貨屋・OILlife(http://www.oilife.info/)さんでした。東京に来て約7年経ちますが、こうしたすてきなお店がある立地をこれほどに感謝したことはありません。今回もテントウムシのおもちゃやうさぎの置物、カラフルなパッケージのしゃぼん玉セット、iPhoneカメラセットなど、ずいぶんたくさんの雑貨を購入させてもらいました(どこかのページに登場しています)。

お店の雑貨に囲まれてぱちりと一枚。

k0002.jpg

 fogのリネンや白山陶器など暖かみのあるインテリア雑貨、ファッション小物などがたくさんのOILife graceと、音楽を感じさせる雑貨やひと癖あるメカ物、CDや本に溢れたnucleus。一続きの空間に2つのテイストが楽しめる、不思議なおもちゃ箱のようなお店です。雑貨好きな方はもちろん、ちょっとしたプレゼントを探したい方は覗いてみてはいかがでしょうか。そして訪れた際はぜひ「ここで本のための雑貨が選ばれていたのね...」などと思いを馳せてみてくださいね。


最初のごあいさつ

2011年12月 7日

 みなさんはじめまして、木村早苗です。前回もご購入いただいたみなさま(いらっしゃるのかな?)、しばしのご無沙汰でした。前作から約1年、ついに『かわいいiPhoneのきほん iPhone 4S edition』が発売されました。書店さんはもちろん各Webストアでも購入できますので、どうぞよろしくお願いします。

 さて、発売に併せてブログも再開することでもありますし、この『かわいいiPhoneのきほん』シリーズの内容について、改めてご紹介させていただこうと思います。

 iPhoneが発売されて4年、iPhoneユーザーの数はずいぶん増えました。iPhoneにしたいという女子は確実に増えましたし、各メーカーでもその声に応えるように女子向けデザインのケースやストラップ、イヤホンなどの周辺グッズを発売するようになりました。また、アプリに関しては、前作からの一年だけでもかなり変わった気がします(デザインに凝ったアプリが急増しました)。
 でも、女子ユーザーさんに聞いてみると「買ったはいいけどあまり活用できていない」「アプリをどうやって探したらいいかわからない」という意見の多さはあまり変わっていないのです。また、auでの販売が突如決まったこともあり、ケータイから機種変更したものの「とにかくいろいろわからない...」と迷子気味の初心者さんは、むしろ増えているのかもしれません。

 ということで、この本はそんな「iPhoneに興味がある」または「買ったけどいまいち使えていない」みなさんに、ぴったりくる内容になるようにと考えつつ作りました。「基礎が大事とはいうけれど、実際にどこからわかればいいの?」「女子に便利なアプリって?」「女子がiPhoneを持つとどう楽しめるの?」...などの疑問にもお答えできるように。ちなみに掲載アプリの数は前回を上回る約140個。さらにいくつかを組み合わせられるアプリを選んだり、座談会ページでは手帳アプリを語り倒してもらったたほか、「あなたのホーム画面を見せてください!」では人気の女子ブロガーさんにご登場いただいたり...とテクニック以外にも楽しめるページをたくさんご用意しています。ですから、メカに弱い方でもゆったりのんびりと読んでいただけるのではないかなと思っています。

 iPhoneなんて自由に使うもの。あまり考え込まず、まずはいろいろと楽しんでみてください。そしてその時にめいっぱい楽しんでもらうためのガイドとして、また困った時のお守りとして、おそばに置いていただけたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

 今回も、イラストレーターの絹さんとmill design studioさん、編集の杉山さんという「チームkawaii」(勝手につけました)のおかげで、とてもすてきな一冊にしあがりました。本棚に置くだけでも楽しい気分になれること間違いなしです。ぜひ、この真っ赤な表紙を探してみてくださいね。

k0001.jpg


夏の(?)アプリあれこれ

2011年7月12日

 こんにちは。
 ガリガリくん梨味が思った以上に梨らしくて驚いている木村です。

 梅雨明けして暑い日が続きますね。企業では節電を目的としたサマータイム制も始まり、木金がおやすみになったという方の声もちらほらと聞こえてくるようになりました。

 メトロでも消費電力量が表示されていたりと、みんなで意識していかないと...という時期ですが、実は電力量を表示してくれるアプリがiPhoneにもあるんです。Yahoo! JAPANの電力使用状況APIを利用して表示する「電力パーセント」(無料:http://itunes.apple.com/jp/app/id439517492?mt=8)がそれ。アイコンバッジに数値データが表示されるため、アプリを立ち上げなくても一目で状況がわかるようになっています。
 データの反映がちょっと遅いようですが、今後の改善に期待したいものです。メッセージ付通知の境界を自由に設定できるプロ版もありますが、無料版でも充分役立ってくれると思います。すごく大きな変化や面白いことが起こるアプリではないのですが、「生活の中で気軽に意識付けを行える」という意味では、人々の善意や自発的行動に寄る部分が広がる今に必要なものではないでしょうか。

 ちなみに、このアプリのバッジ表示は以前ご紹介したお天気アプリ「Celsius」と同じ原理の模様。日本のアプリ制作界にも、この手法が浸透してきたようです。

バッジ色はiPhone自体の仕様ですけど、やはり見た目に赤は暑いですね...。
kimura052.jpg
 kimura053.jpg

 とかなんとか言っても夏は夏。暑さに顔をしかめてばかりもつまらないので、次は暑さを楽しめるアプリを一つ。ブラジルのボサノバアーティストであるジルベルト・ジルの音楽アプリ「gilbelto gil」(無料:http://itunes.apple.com/jp/app/gilberto-gil/id446433795?mt=8)です。
 何がすごいかというと、リリースされたアルバムがすべて無料で聴けてしまうこと。[DISCOGRAFIA](ディスコグラフィ)で聴きたい曲(アルバムごとも可能)を追加して、[PLAYLIST]ページで再生します。表示はすべてポルトガル語(ブラジル語)ですが、一度触れば理解できる構造なので、気にせずに利用できると思います。アプリを閉じると音楽が消えてしまうのでご注意を。
 ファン向けのアーティスト紹介アプリらしく、バイオグラフィや写真アルバムのほか、Twitterに直接感想を書き込んだりできるツールもあります。バカンス気分を盛り上げてくれるゆるい音楽で、気分もゆるく行きましょう!

iPhoneが一気にサウダージな雰囲気に...。
kimura054.jpg kimura055.jpg kimura056.jpg
 

 そしてホットでミュージシャンな話題と言えば、レディー・ガガですよね(?)。11日お昼のTwitterなんて、TLがほぼガガちゃんネタで埋め尽くされていてすごかったですよ。「徹子の部屋」も面白かったな...いい話も多かったですしね。

 テレビを見ながら、そういえばレディー・ガガのアプリってないのかな? と思い探してみたらやっぱりありました(笑)。「Lady Gaga Revenge」(600円:http://itunes.apple.com/jp/app/lady-gaga-revenge/id318472766?mt=8)は、「Tap Tap Revenge」というポップンミュージック系の音ゲーをベースにしたゲームアプリです。

 通常版でもガガの曲は選べたようなのですが、こちらは完全にガガパッケージ。ゲームとしても、レベルが上がれば指を2本、3本と駆使してタップする必要がある作りで、初心者から上級者まで充分遊べるようになっています。600円するのでハードルが多少高いかもしれませんが、ユーザーレビューでも評判はいいようです。夏の暑さを忘れて楽しめるゲームということでいかがでしょう。

難易度は同じ曲のタップ数で調節しているようなので、慣れてくれば割と上の方まで楽しめます。
kimura057.jpg
 kimura058.jpg kimura059.jpg

 ということで、また!


お散歩のおはなし

2011年6月28日

こんにちは。ジメジメ&猛暑にバテ気味のお手伝い・長尾です。なんだか急に暑くなったり寒くなったりと、天気の不安定な日が続きますが、皆さん体調管理にはお気をつけくださいね。

さて先日(結構前ですが...)、鎌倉に行って来ました。
この時期の鎌倉といえば、紫陽花!
...なのですが、この日の目当てはお寺でのライブなのでした。
その帰り道、ダウンロードするだけして使いそびれていたアプリを使ってみたところ、よかったのでご紹介します!

■散歩計(http://itunes.apple.com/jp/app/id402166646?mt=8

nagao046.jpg  nagao047.jpg

万歩計のような名前ですが、お散歩の記録ができるアプリです。
GPSを使ってマップにルートが記録されるのですが、休憩や電車移動時のモード切替や、途中で写真を撮ってポイントごとにメモすることも可能(メモだけも可)。Twitterと連動しているので、メモを記録するついでにつぶやきもできます。さらにiPodとも連動しているのも嬉しいところ。

nagao048.jpg

今回はお寺から駅まで行って、駅前のお店で休憩してから電車で横浜まで、というルートにしてみました。
(休憩モードの解除と移動モードに切り替えるのを忘れて、ポイントがおかしくなってしまいましたが...)

nagao049.jpg

保存した記録は「ログ」からいつでも閲覧できるので、散歩だけでなく、旅行時の散策などに利用して記念写真と一緒に記録をつけるのもいいですね。

気分がブルーになりがちな雨の日でも、道を歩いていると思わぬ発見があるもの。普段の何気ない散歩や街歩きなどでこのアプリを活用して、気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか。
この夏の旅行手帖にもオススメですよ!ぜひお試しください。

都内某所で見つけた紫陽花をパシャリ(morelomo使用)。鎌倉に行った日は明月院などの紫陽花がちょうど見頃だったようで。時間がなくて行けなかったのが残念!

nagao050.jpg


Photo memo ― 6月19日 SAT

2011年6月22日

hara033.jpg

hara034.jpg

hara035.jpg

 

満開です。

使用アプリ★きれいカメラ_無料 無料
http://itunes.apple.com/jp/app/id373036103?mt=8

※ちょっと保存が難しいかも??


Instagramを更にたのしむサイトのおはなし

2011年6月 6日

 こんにちは、木村です。
 今年はずいぶん長い間肌寒い日が続きましたが、ようやく寒くない雨、になった気がします。サイクリング系にぴったりのアプリをずっと紹介しようと思っていたのですが、いかんせん雨が続いていて、なかなかキャプチャが撮れず先送りになっている昨今です。

 そちらは後日にするとして、今回は少し趣向を変え、アプリと併せて楽しめる周辺PCサイトをご紹介しますね。メインのアプリは、以前掲載した「Instagram」です。その後いろいろなサービスから連携されたりして、ものすごい勢いで広がりましたよね。流行るだろうとは思っていましたけど、あまりのスピードだったのでちょっとびっくりでした。

 さて。「Instagram」は写真のアップ時やアップ後にコメントを記入したり、プッシュ配信でフォロワーからの「いいね!」やコメント記入のお知らせがきたりと交流機能はそこそこ使うことができます。ただ、iPhoneからだと@をつけたリプライがしづらかったり(アカウント名をコピペするの、結構面倒なんですよね)、フォロワーさんの多い方だとしばらくぶりに見ると膨大な写真がたまっていてスクロールが大変だったりと、ちょっとしたときに困ることがあります。

 そんなときにぴったりなのが「Webstagram」(http://web.stagram.com/)です。機能はすべて踏襲しているので、Webブラウザでも普段通りに閲覧OK。利用したフィルタも記載されるので、同じ雰囲気で撮りたいと思ったときにも迷うことがありません。デフォルトの[LIST]型はもちろん、[GRID]型を選ぶとチェキが並んでいるようなデザインになるのもいい感じです。

[GRID]型のデザインだとこういう感じです。
kimura045.jpg

下の方に使用フィルタが表示されています。
kimura046.jpg

写真にカーソルを当てるとコメントが表示されます。

kimura047.jpg

 PCブラウザからの閲覧サービスは、他にも国産の「Listagram」(http://listagr.am/)や海外製の「Undersky」(http://undersky.mitukiii.jp/)などがありますが、個人的にもう一つ使うなら「Undersky」かなあ。プレビューを表示しながら左のテーブルでスクロールしていける点が便利であることと、利用ユーザーの写真のテイストが好きなので...という感じです。

他のサービスに比べると、どことなくトーンがガーリーなんです。

kimura048.jpg

 次は「Nekostagram」(http://nekostagram.heroku.com/)。その名の通りねこ好きな人がアップするねこ写真をねこ好きがひたすら楽しむためのサイトです。私もねこ好きなもので、実家に帰るとねこ写真が圧倒的に増えるわけですが、似た人たちが世界中にいるんだな?と見るたびに思わされるサイトです。別に何かに役立つわけではないのですが、和みたいときにぼんやり眺めるのには最適なサービスだと思っています。ちなみに、いぬ好きさんのための「INUSTAGRAM」(http://inustagram.heroku.com/)もあります。

うわあああかわいいいい!

kimura049.jpg

 その他にも、Instagramに投稿された写真を色ごとに表示してくれる「IRO.stagram」(http://iro.stagram.info/)は、デザイナーさんやイラストレーターさんなどの資料集めにもよさそうです。Flickrなどにも同様のサービスがありますが、上部に表示された色アイコンをクリックするだけなので簡単です。レインボーカラーも検索できますよ。特に使いづらいところも現状では見つからないのですが、何か質問が出たときには国産であることも安心できる要素と言えます。

オレンジでまとめてみました。きれいですよね?

kimura050.jpg

 そうそう、最近「Snapeee」という類似アプリもリリースされていたのでご紹介しておきますね。構造は「Instagram」ほぼそのままですが、大きな違いは、写真をフィルタ加工ではなく、スタンプツールなどでプリクラのように装飾する点です。あとは、評価の「いいね!」ボタンが、「かわいい!」「すごい!」「もっと!」など大まかな感情に分けてある点でしょうか。

 実際に使ってみたところ、Instagramに比べると知らないユーザーさんからの反応が圧倒的に多かった気がします。利用ユーザーのコミュニケーションの仕方からして違っているようなので、意外ときれいに棲み分けられているのかもしれません。プリクラノートがiPhoneに変わるという感覚なのかも? 今後増えるであろう女子中高生ユーザーに人気が出そうなアプリだなと思いました。

・Snapeee(http://itunes.apple.com/jp/app/snapeee/id434364551?mt=8

kimura051.jpg

 というわけで、今回はこのへんで。


fonのおはなし

2011年6月 1日

春もつかの間、あっという間に梅雨入りしてしまい、しょぼんなお手伝い・長尾です。

さて、iPhoneデビューをしてから、まもなく5ヶ月が経とうとしているのですが、そんなタイミングでようやくWi-Fiデビューをしました!

じつは、iPhoneに替えたときに無線LAN(fonや別契約のPocket Wi-Fiなど)を手に入れてなかったのです。マックなど公共のWi-Fiも、行く機会が少ないせいか繋いだことがなく...。

それで、先日たまたまSoftBankショップに行く用事があり、「そういえば、Wi-Fi利用契約したのに使っていないなー。たしか友だちが無料でルーター(fon)をもらったと言ってたような...?」と思っていろいろと聞いてみたら、fonをもらうことができました。
すんなりともらえたのは、自分が買ったときのキャンペーンがまだ続いていたことも関係していたようで。ちょっと得した気分でした♪

家に帰ってからさっそく接続。家のネット用モデムに接続端子を繋いで、あとはルーターにPPPoEの設定を登録してMyPlaceを開設すればできあがり。なんだ、簡単じゃない!
そんなわけで、大容量アプリのダウンロードも、Youtubeの閲覧もストレスフリー!家では快適なWi-Fi生活を送っています。

PCでもできることなのですが、キッチンやベッドなどで気軽に使えるようになったのが自分の中では革新的でした。もっと早く使えばよかった!
これを機に、公共のWi-Fiスポットもどんどん利用していきたいなと思います。

新品なんでシートが。なかなか剥がせないタイプなんです、私。
nagao045.jpg


Photo memo ― 5月21日 SAT

2011年5月24日

hara027.jpg  hara028.jpg

hara029.jpg  hara030.jpg

hara031.jpg  hara032.jpg

知人のログハウスへ。
いたるところにラスカルが...。

使用アプリ★ClassicINSTA - Free 無料
http://itunes.apple.com/jp/app/classicinsta-free/id406898059?mt=8


Photo memo ― 5月19日 THU

2011年5月19日

hara023.jpg

hara024.jpg

hara025.jpg

友人がつくってるソフビ。
Morelomoで撮るとすごい怪しい...
(ほんとはカワイイデス)

使用アプリ★Morelomo 無料
http://itunes.apple.com/jp/app/morelomo/id337217082?mt=8&ign-mpt=uo%3D4


お誕生日のはなし

2011年5月18日

 みなさんこんにちは、木村です。楽しかったGWも終わってしまいましたね、五月病になったりしていませんか。私のおやすみは、特に長期の旅行に出かけたりすることもなく、誕生日を迎えて歳を1つ増やしたという位で終わってしまいました。
 でも、いくつになってもお祝いごとって嬉しいものですよね。今年は友人たちがケーキやシャンパン、花束をプレゼントしてくれたんですが、サプライズだったのでびっくりしたなあ...。

こんな感じ。

kimura040.jpg

 でも、特に何かをしてもらったりしなくたって、この日を覚えていてもらえるだけで、また「おめでとう」と言ってもらえるだけでも嬉しいものです。のちのちまですてきな記憶として残るはずですからね。

 ということを考えつつ、実はこの「他人が覚えていてくれた」って部分が意外と重要なのではないかと思ったり。だって、誕生日って基本的にみんなばらばら、脈絡がないのですべてを完璧に覚えるのは結構大変だからです。そんな中でわざわざ覚えていてくれたんだと思うと、やっぱり少しワクワクするじゃないですか。

 なので、ここ数年は私も「すてきな思い出を作ってくれたのだから、みんなのお誕生日にはお礼も兼ねてお祝いしなくちゃ!」と気をつけるように...。でもこれがまたくせ者。いざその時期になると、当日は会えないことの方が多いので、気付くと過ぎていたり...なんてことがちらほら(プレゼントをあげるなら早い方がいいと思うだけに、そこそこの調整が必要なわけです)。

 でも、これでは失礼すぎる! ということで、今年からはプレゼントをしてくれた友人に誕生日を聞き、きちんとメモするようにしました。さらに、きちんとデータを役立たせられるよう「Birthdayz」アプリも入れて。このアプリは、連絡先やiCalなどのアドレスデータ管理ツールに誕生日を記入すると、近々にある誕生日を、アプリ内ではカウントダウン方式で、ホーム画面ではアイコンバッジで件数をお知らせしてくれるというものです。設定すれば当日にアラートも出せるので忘れることもなくなるはず。林屋ぺーもびっくりです。

●誕生日アラーム,誕生日の一覧表示 - Birthdayz:115円
http://itunes.apple.com/jp/app/id345010857?mt=8

黒のシルエットがすてき。ロック画面では件数をバッジで表示。

kimura041.jpg kimura042.jpg 

 そんな誕生日といえばプレゼントがつきもの。実は、iTunes Storeでもアプリをギフトとしてプレゼントできるようになりました。ギフト機能は有料アプリのみに限られますが、もしiPhoneユーザーさんがお友達だったら、「便利だけど手が出しづらい」お高めアプリをプレゼントしてみるのもよいかも。価格メニューの右側のプルダウンに表示される「このAppを贈る」という項目から簡単にできてしまいますよ。

こんな感じでメニューの一番上に表示されます。
kimura043.jpg 

 さて、最後は少し女の子っぽく「誕生日花個紋占い」のアプリをご紹介しましょう。誕生日といえば誕生花や誕生石などが有名ですが、こちらでは、誕生日ごとの花紋とその日に生まれた人の性格が表示されます。有料版(115円)では「Birthdayz」のような誕生日お知らせ機能やおめでとうメールとして花個紋の結果を贈れるようになるようです。

●誕生日花個紋占いLite:無料(有料版:115円)
http://itunes.apple.com/jp/app/id369118851?mt=8

例えばこんな感じ。背景色は季節でグラデーションになっているようです。日付選択画面に現れる、竹久夢二風の和風柄もかわいいです。ちょっとしたことなんだけど。

kimura044.jpg

 歳を取ると誕生日なんて関係ないよ~という人もいると思うんですが、せっかくある年一回のすてきな記念日です。楽しく過ごせるように、また過ごしてもらえるような工夫をしてみるのもよいのではないかと思います。


戦国武将のおはなし

2011年5月 9日

こんにちは。GWは帰省も旅行の予定もなく、都内をウロウロしていたお手伝い・長尾です。みなさんはどんなGWを過ごされましたか?

さて、去年~一昨年くらいからメディアでは歴史好き、とくに歴女などが取り上げられていますね。今年は上野樹里さん主演の大河ドラマ『江』も話題ですし、じつは私もにわか歴史好きだったりします。ホント、にわかになんですけど...。

休み中、学生時代の友人と久しぶりに飲みに行ったのですが、話していたらその友人がかなりの歴史好きだったことが判明。しかも、山の中のお城も見に行ったことがあるとかないとか(!)、いろんな話が飛び交いました。そのときに、歴史ものの面白いアプリを教えてもらったのでご紹介します。

●戦国武将占い(http://itunes.apple.com/jp/app/id423737187?mt=8

nagao041.jpg nagao042.jpg

その名のとおり、戦国武将が登場する性格&相性占い。生まれた年月日、名前を入力することで、全部で22人の武将から自分がどの武将タイプか診断できます。さらに、"MY武将"に自分の診断結果を記憶させておけば、友人や恋人などとの相性占いもできるという、歴史好きにはたまらないアプリです。イラストもかわいくてキャッチーなのがいいです!

で、さっそく自分のタイプを占ってみると......

nagao043.jpg nagao044.jpg

長宗我部 元親(ちょうそかべ もとちか)タイプとのこと。
うーん、名前は見たことあるけれど、どんな人かよく知らない(恥)。というわけで、ネットで調べてみたところ、土佐の武将だそうで、織田信長や豊臣秀吉と絡みがあった方。占いによるとわりと温和な性格っぽい感じでした(ホッ)。

ちなみに、別の友人といるときに診断してみたら、さっそく出ました、織田信長タイプ! 「鳴かぬなら...」の俳句よろしくな内容でしたが、そういえばちょっと当てはまっているところあるかも! なんて2人で笑ってました。ちなみに相性は、5点満点中3.5点。占いに書いてあったように、スマイルを絶やさないように仲良くしたいと思います(笑)。

他にも、豊臣秀吉や徳川家康、伊達政宗をはじめとするメジャーな武将から、通どころの武将までいろんなタイプがいるので、見ていても飽きないです。友達と集まったときなど、いっそう話が盛り上がります。歴史好きの人はもちろん、ちょっとした話のネタなどに、ぜひお試しください!


Photo memo ― 4月30日 SAT

2011年5月 6日

hara016.jpg

hara017.jpg

hara018.jpg 

hara019.jpg 

hara020.jpg 

hara021.jpg

hara022.jpg

初めて川越に行きました。

使用アプリ★ClassicCamera 無料
http://itunes.apple.com/jp/app/classiccamera/id399091673?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
※『本バージョンで起きるクラッシュを現在修正中です。
本バージョンはインストールせずに、次のバージョンをお待ちください。』
とのことデス(バージョン1.36)。確かによく落ちました...早く改良されると嬉しいですね!


行楽のおとものおはなし

2011年4月27日

 こんにちは、木村です。
 ここ2~3日でようやく春らしい暖かさを感じられるようになりましたね。梅や木蓮、水仙、そして桜からチューリップ...と花々の移り変わりも楽しい日々です。ですが、まだまだお天気が安定しない時期なので、毎日の天気確認は欠かせません。今週末からはGWも始まりますし、今回はおなじみ&ちょっと面白い天気予報アプリをご紹介したいと思います。

 特に意味はないですが、行楽繋がりということで動物園の写真を。この写真を撮影した4月半ばも、昼間は汗ばむほどでしたが夕方から一気に冷え込みました。

kimura035.jpg

 

・天気アプリ
 iPhoneのデフォルトツールでおなじみです。シンプルだしかなり素っ気ない世界ではありますが、必要充分な情報がコンパクトにまとまっていて個人的にはかなり評価できると思っています。測定都市も数カ所設定できますし、何より操作がまどろっこしくないのがいいんですよね。設定はらくですが、細かく場所を指定できるわけないので予報が当たりにくい気もします。

・ウェザーニュース タッチ(無料、http://itunes.com/app/weathernewstouch
 予報がきちんと当たる(雨の降り始めまで当たるという噂も!)のはもちろん、全国の天気図や予報動画、花粉などの特定予報など、と豊富すぎるコンテンツ。さらにデザインも見やすくて美しい上に動作も軽快なのになんと無料! ということで本誌にも掲載しましたが、人気になるのも頷けるアプリです。ちなみに、花粉ch「ポールンロボがはかる現在の飛散数」は、花粉症の人(私です)が見るとかなりダメージが大きいのでご注意を...。

なんかいやでしょ。赤いし。

kimura036.jpg 

・Celcius(http://itunes.apple.com/jp/app/celsius-weather-temperature/id426940482?mt=8
 こちらはデザインがちょっと珍しい天気アプリです。例えば、アプリのアップデートがかかるとAppStoreアイコンに数字のバッジがつきますよね。あのバッジで気温を表示する仕組みなんです。これだけではデフォルトの天気ツールと同じですが、フォルダにまとめた時でも気温がすぐわかるのが利点。GPSの位置測定を使うので区単位でチェックできますし、精度も他の国産アプリと比べてみましたが、海外製アプリですがそこそこいいようです。発想の転換が素晴らしい、とてもiPhoneらしいアプリなのではないかと思います。

予報はこんな感じです。

kimura037.jpg

フォルダにまとめてみました。

kimura038.jpg kimura039.jpg

 天気予報を見るだけなのに、こんなにいろんな方法やデザインがあるんだなと改めて思いました。でもむしろ、シンプルなことだからこそいろんなバリエーションが生まれるのかもしれませんね。 


Photo memo ― 4月21日 TUE

2011年4月26日

hara012.jpg

hara013.jpg

hara014.jpg

hara015.jpg

本日はとある仕事の撮影。
素敵な写真が撮れました。
デザインするのが楽しみです。


使用アプリ★きれいカメラ 無料

http://itunes.apple.com/jp/app/id373036103?mt=8


ポーチタイプケースのおはなし

2011年4月20日

こんにちは。
ヒノキ花粉がピークのようですね。相変わらず花粉症グレーゾーンに居座っていて、なんとなくマスクが手放せない、お手伝い・長尾です。

さて、皆さんはiPhoneケースをどんな頻度で替えていますか? 季節ごと、好みのものを見つけた、プレゼントでいただいた、今まで使っていたのが壊れた etc...人それぞれのタイミングがありますよね。

実は私のiPhone、いまだに購入時にとりあえずで買った透明ソフトケースのままなんです...。すぐにでも替えたいのですが、あれこれ迷っているうちに時間が経ってしまい、優柔不断+ノンビリな性格がアダとなっております。

そうこうしているうちに、本書で紹介したケースやグッズのブランド&ショップさんでも、新商品がたくさんリリースされていますね。その中で気になったのがこれ。

■epoque/Candy Ribbon Pouch(エポック/キャンディーリボンポーチ)
http://item.rakuten.co.jp/idea4living/05aspcdr/

フェミニンなデザインのポーチタイプ・スマートフォンケース。はめるタイプのケースがほとんどだと思うのですが、このタイプは珍しいなと。開くと中面が透明になっているので、ケースに入れたままでもiPhoneの操作が可能。2WAYになっていて、付属のチェーンを取り付ければ、鞄にチャームのようにかけられます。ポケットやミラーも付いていて、iPhoneポーチだけにとどまらないところも注目ですね。ぜひチェックしてみてください!

余談ですが、本書に載っている手作りポシェットを作ってみようと材料を集めているのですが、好みのレースが見当たらず、それならばとレース編みに挑戦! しかし、なかなか思うようにいかないのです...。うーむ。

レース糸とコットン糸2種類のブレードを作ってみましたが、思っていたのと違う仕上がりに...。

nagao040.jpg


計算のおはなし

2011年4月13日

こんにちは。お手伝い・長尾です。
東京では先週後半くらいから満開の桜を見かけるようになりました。うちの近所の学校でも校門の近くの桜が満開になっていました。福島でも開花が確認され、東北もまもなく桜の季節が始まりますね。

今日は、春...新学期・新年度ということで実用的なアプリをご紹介したいと思います。

職場で使うアイテムと言えば、電卓。また、飲み会やちょっとした計算でも携帯の電卓を使うという方も多いのではないでしょうか?
もちろんiPhoneには基本装備されていますが、とてもシンプルなデザイン。自分らしさを追求する方にこんな電卓はいかがでしょうか?

●甘い電卓
http://itunes.apple.com/jp/app/id342443050?mt=8

nagao037.jpg

マーブルチョコをモチーフにした計算機。チョコの土台に色とりどりのボタンが、シンプルだけど、ポップで美味しそうな雰囲気を出しています。おやつにマーブルチョコが食べたくなりそうです(私は...)。

●デコ電卓
http://itunes.apple.com/jp/app/id381506302?mt=8

nagao038.jpg

キラキラ好きにはたまらないデコレーション計算機が再現された電卓アプリ。ケースはスワロフスキー・デコレーション、計算はこのアプリなんてガチでいくのもよし! デコレーションケースになかなかチャレンジできない人も、ここからはじめてみるのもいいかもしれません。

●人間電卓X
http://itunes.apple.com/jp/app/id344970158?mt=8

nagao039.jpg

数字を打つと"計算機の中の人"が出てきて、タップした数字や記号を人文字で表現してくれるというユニークかつなごみ系の計算機。疲れて癒されたいときにオススメです。子どもたちにもウケそうなアプリではないかと(一人くらい、真似してくれる子がいるはず!)。

仕事ではちゃんとした電卓を使うとしても、家計簿や飲み会などちょっとした計算もこれなら気分がいいかも。「計算するなら楽しいほうがいい!」そんなあなたはぜひお試しください!


Photo memo ― 4月10日 SUN

2011年4月11日

hara009.jpg hara010.jpg

hara011.jpg

桜、満開でした。原

使用アプリ★Morelomo 無料
http://itunes.apple.com/jp/app/morelomo/id337217082?mt=8&ign-mpt=uo%3D4


万年筆のおはなし

2011年4月 8日

 こんにちは、木村です。あの大きな震災からもうすぐ1カ月が経とうとしています。
 改めて、東日本大震災で亡くなられた方々へのご冥福をお祈り申し上げます。そして、被災されたみなさまやご親族さま、ご関係者の方々に心からのお見舞いを申し上げます。
 この記事より、本ブログも通常形態にて再開させていただきたいと思います。

 ようやく春の訪れが感じられるようになってきました。各地で桜の開花宣言が出され、まさに、この時を待っていたのではないかという程のタイミング。ぽってりとした桜の下で、真新しい制服やスーツを着た方々の姿に、私もまたがんばらなければ! という気持ちになっています。

 そういえば、昔は入学や就職の時のお祝いには万年筆が定番だった気がしますが、今はどうなんでしょうね。個人的には、とてもすてきな習慣だと思っているので、いつまでも残っていてほしいと思っているのですが...。

 そんな万年筆。PCがメインをしめる昨今だからといって手書き派・アナログ派だけにアピールしているのというと、実はそうでもないんです。なんと、ドイツの老舗万年筆メーカー・モンブランからiPhoneアプリが出ています。リリース年を見ると2010年。恐らく「マイスターシュテック」というシリーズの発売を記念してのアプリなのだと思います。

kimura032.jpg

 このシリーズについてなぜ私が知っているかというと、昨年ちょうどこの「マイスターシュテック」を購入したところだったからなんです。端っこの方ではありますが、物を書く職業に属している人間としては、モンブランはやっぱり憧れなんですよね。

kimura034.jpg

 そんなこともあり、「私のかわいい万年筆と同じiPhoneアプリ!」とウキウキしつつダウンロード。但し書きを読むと、実際の万年筆と近い書き味でメモすることができる、とかなんとか書いてありました。アプリの内容は至ってシンプルです。[Write Now]からジャンプすると、ブラックとホワイトのブランドカラーでまとめられた白いメモパッドが置かれて試し書きができる。...うん、確かになかなかの筆致です。しかも、3種類のペン先を変えることもできますし、モンブラン独特のカラーインキ4種類を好きに変えて使うこともできます。

kimura033.jpg

 本物の万年筆は購入時にペン先を決めてしまうので自由には変えられないんです。瓶タイプのインクだと、たいてい吸上げ式なので色が混ざらないよう洗浄したり、一度入れるとしばらく色が変えられなかったり、とちょっと手間がかかります。

 でもこのアプリならそういう雰囲気を簡単に味わうことができますし、ちょっと興味がある人への入口としてもなかなかいいのではないか、と感じました。ショップに入って緊張したりすることもないですしね。

 モレスキンがiPad用のカバーを出していたり、デジタルとアナログをうまくドッキングさせてアピールするブランドも増えています。そんな状況ですから、こうしたアプリをきっかけに、逆に万年筆に興味を持つ人が出てくるとしたら、それも面白いのではないかな~と思います。

 *

 iPad2が発売されましたね。日本での発売は延期になっているようですが、アメリカでの発売日に合わせてiOS 4.3も公開されましたので、ユーザーのみなさんはぜひOSのアップデートをしておきましょう。時間がとってもかかるので、余裕を持って行うことを忘れずに。それから、一時期「10.1.2以前のiTunesのままiOSのバージョンアップを行うとデータがすべて消える&バックアップデータも削除される」という情報もあったようですが、こちらは誤報だったようです。ご存じない方はスルーいただいてOKですが、もし見かけた方がおられましたら情報のアップデートもどうぞ。


私たちがiPhoneとできること

2011年3月15日

 東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられた方々に、心からお悔やみを申し上げます。
 そして今も、避難所で緊張の日々を過ごされているみなさまが、一日も早く落ち着いた生活に戻れますように。一日も早く故郷のご家族やご親戚、お友達とご連絡がつきますようお祈りしています。

『かわいいiPhoneのきほん』スタッフ一同 


 本ブログでも、少しでもお役に立てることはないかと考えました。そこで思ったのが、被害の小さい地域に住む人間の役割として、まずは節電など自分でできる努力に加えて、落ち着いた生活を行うことの必要性でした。そうすることで、結果的に被災地の救助活動に徹してもらえるのではないかなと。

 現在、都内でも計画停電で電車の運行が少なくなっています。しかし、通常通りの勤務、通学をされている方は多数おられます。そんな中ですので、今回はiPhoneを使える地域の方々が、少しでもスムーズな行動をできるようなiPhoneアプリをご紹介しようと思います。

 地震後、電話回線はほぼ通じませんでしたが、SMS/MMSはほぼ通じました。Twitterもかなり安定した連絡ツールになってくれました。そして現在も、私は下記のようなiPhoneアプリを活用して都内を移動しています。この情報が、少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。ちなみに、下記アプリはすべて無料です。

●ゆれくるコール for iPhone
 http://itunes.apple.com/jp/app/id398954883?mt=8
 震度と地域を設定しておくと数十秒前に伝達してくれます。最大震度に合わせての通知なので、実際の体感はそこまでないかと思います。ただ、テレビで流れる地震速報の警報音とまったく同じなので、この音を聞くとかえって緊張してしまう方はお気をつけください。

●ツブエキ
 http://itunes.apple.com/jp/app/id419842429?mt=8
 震災緊急支援として無料配布にしてくださったアプリです。自分が利用したい駅・路線(全国)に関するつぶやきを集めて表示してくれるアプリです。私は路線の運休によって向かう駅がまったく変わる地域に住んでいるので、さまざまな方々の情報は大変役に立っています。

●Skype for iPhone
 http://itunes.apple.com/jp/app/skype/id304878510?mt=8
●Viber -Free Phone Calls
 http://itunes.apple.com/jp/app/viber-free-phone-calls/id382617920?mt=8
 どちらも3G回線を使わずに連絡を取り合えるアプリです。Skypeでは今回の地震対応措置として、Skepe専用のWi-Fi回線(Skype Access)の無料開放も決定されています。被災地でiPhoneが使える方はもちろんですが、それ以外の地域の方も、被災地の連絡用3G連絡回線を塞いでしまわないようにする上でも有効とされています。

 またViberも優秀なWi-Fi回線用連絡アプリです。ただアドレス帳を解放するのでプライバシー面で若干の難があるという意見もありますので、こちらは個人の判断でお使いください。ちなみに、一度連絡に使ったことがありますが、ハウリングが起こる場合もあるようです。

 また今日付で、iTunes Storeに災害対策アプリケーションの特別コンテンツ、米国赤十字社の救援活動への寄付金募集コンテンツも開設されています。確認してみてください。

●災害対策アプリケーション
 http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewRoom?fcId=425989209

kimura031.jpg

  *

 そしてもう一つ。
 今回の地震が未曾有の出来事であり、またここ数日の報道がすべて重要なものであるため、緊張や心労から、精神的に疲れておられる方々も多いようです。iPhoneは情報ツールとして便利ではありますが、時にはその情報量に負けてしまうこともあります。

 そんな時は、娯楽ツールとしてもとても優秀なことをぜひ思い出してください。ustreamで流される音楽ミックスを聞いたり、誰かとチャットされるのもよいと思います。
 また、YouTubeではNHKの娯楽番組チャンネルが解放されています。さらに「歌手としてできることはないか」という想いで作られた曽我部恵一さんの「春の嵐」(http://www.youtube.com/watch?v=n4Xg4nD3pKI)、ライブで応援の意味を込めて歌われたテニスコーツの「上を向いて歩こう」の動画(http://www.youtube.com/watch?v=YO75IR4SZik)なども上がっています。

 不安な日々が続きますが、ご自身の心を休ませることも忘れないでください。一日も早く、全員が元の落ち着いた生活へと戻れますように。

木村早苗  


冷や汗のおはなし

2011年3月 9日

こんにちは。風邪なのか花粉症なのか、よくわからない症状を発症しているお手伝い・長尾です。かれこれ3~4年も、この時期はこんな感じです。とほほ...。

さて先日、自分のiPhoneでもとほほなことがありまして...。
みなさんは、「音声コントロール」という機能は活用されてますでしょうか?
iPhone 3GSから付いている機能ですが、声で電話(ダイヤル)やiPodをコントロールするというもので、名前のまんまですね。

じつは私、お恥ずかしながら最近まで「音声コントロール」と「音声検索」を一緒のものと思い込んでいたのです。「音声コントロール」でインターネット検索までできる、と。

というのも、先日、iPhoneをいじっているときにホームボタンを長押ししてみたら、音声コントロールがひょこっと現れたので、「おお!これか!」と思って(知らなさすぎ...)、試しにネットで検索したい言葉を発してみたんです。そしたら、前置きもなく、いきなりアドレス帳に登録している電話番号にダイヤルをスタート、慌ててキャンセルを押すという事態に。
まあ、何があってもいいように、連絡帳はちゃんと整理しなさい、と言われてしまえばそれまでなのですが...とにかく、そのときは誰かの名前を言っていなかった上、ほとんど連絡をとらない人にダイヤルしてしまったということで、冷や汗をかいてしまいました。

その昔、生まれて初めて目の前でiPhoneを見せてもらったときに、持ち主が「こんなこともできるんだよ!」と、Googleの音声検索をやって見せてくれたんですね。当時、それがアプリとは知らずにものすごく感動して、いま思えば完全にそれと勘違いしていたんだなと...。己の不勉強を悔やむばかりです(苦笑)。

ともあれ、音声コンロールも「これでいいですか?」的な音声もしくは画面メッセージがあるといいのに...と、やや人(機械)のせいにしてみるのでした。

ちなみに音声検索。最近ではアンドロイド携帯のCMでもその利便性を伝えていますが、iPhoneでも「Google Mobile App」(http://itunes.apple.com/jp/app/google-mobile-app/id284815942?mt=8)というアプリをインストールすれば使えるんですね(私が感動を覚えたのは、それだったんですね)。さっそくダウンロードして試してみましたが、面白いくらい検索してくれます。

音声コントロールも音声検索も、ハッキリと正しい発音で話しかけないと効果を発揮しないわけですが、そのコツを掴めばかなり楽な機能であることには間違いありません。まだ知らないひとはぜひぜひお試しください。

iPhone標準装備の音声コントロール。使いこなせるようになったら便利だろうな...と遠い目をしてみます(笑)。

nagao034.jpg

Googleアプリの音声検索。あらためて自分で試してみて、「おおっ!」と感動しました。

nagao035.jpg nagao036.jpg


丸と棒のおはなし

2011年2月26日

こんにちは。絵を描いてと言われると、たいてい棒人間を描いて済ませてしまうズボラなお手伝い・長尾です。
...というか、絵心がないんです(泣)。

さて、今日は絵心のない私でも簡単に書けてしまう棒人間が登場するアプリをご紹介します。
というのも、ゆるい系アプリを探していたら、ちらほら棒人間が使われていることに気がついたのです。

説明などを読んでみると、わりと単純明快な暇つぶし的ゲームに多く使われているようで、ゲーム内容もシンプルならキャラもシンプルに。その逆しかり...。
本書やブログで木村さんが紹介されているリズムシくんのように、ゆるキャラといえば彼(?)らのようななんか憎めないキャラが主流な中、棒人間はわりとシュールというかなんというか。。

だがしかし! 棒人間を侮ってはいけません。丸と棒からできているゆえの儚さに妙にはまってしまい、ダラダラとゲームをやってしまうのです(いいのか悪いのか...)。
そんなわけで、わりとご存じの方も多いかもしれませんが実際にプレイしてみたゲームをご紹介します!

■Air Hanglider
http://itunes.apple.com/jp/app/air-hanglider/id327539238?mt=8
儚いといえばこれ! ハングライダーで鳥たちをよけたり踏み台にしてすいすい飛んでいたら飛行機に激突してしまって! ......嗚呼。。

nagao028.jpg nagao029.jpg

■チャリ走
http://itunes.apple.com/jp/app/id346172271?mt=8

名前だけ聞くと、クイーン「バイシクル・レース」が流れてもおかしくないイメージはありますが...。ゆるゆるな曲が似合いそうな内容です。リタイア後の画面での実況も、個人的にはじめのうちはウケました。 

nagao030.jpg nagao031.jpg

■Shake avoid
http://itunes.apple.com/jp/app/shake-avoid/id328804159?mt=8

これもわりと古くからあるのでしょうか。しかし、棒人間が束になって走る姿って変な感じです。iPhoneを振って地面を隆起させることで障害物を避ける、これもまた単純明快なゲームです。

nagao032.jpg nagao033.jpg

ほかにも、「Mr.Space!!」(http://itunes.apple.com/jp/app/mr-space/id342621037?mt=8)や同じ開発者の「Mr.AahH!!」(http://itunes.apple.com/jp/app/mr-aahh/id326819173?mt=8&ign-mpt=uo%3D4)も気になっていて、すっかり棒人間にはまっている私なのでした。みなさんもお暇なときは、ぜひ棒人間と戯れてみてください(笑)。それでは!


新幹線予約のおはなし

2011年2月22日

こんにちは、木村です。

 遅いお正月休みをいただいて帰省してきました。私は関西出身なので基本的に移動はJR東海の新幹線です。大阪寄りならば飛行機という選択肢もあるのでしょうけど、実家が京都寄りなので、伊丹空港からだと1時間以上かかってしまうんですよね...。

 そんな帰省時に私がよく利用するのが、JR東海のEX-ICサービスです。ちょうどiPhoneに変更する一年くらい前から利用していたでしょうか。カードに入会する手間はあるのですが、時間や席をかなり細かく指定できることやつねに回数券程度の値段で買えること、チケットレスの上に何度でも変更ができること、などから一度使うと手放せなくなるサービスなのです。

kimura030.jpg

 ですが、その後iPhoneに変更し、帰省時に再び利用しようとしたところ...「サイトが切れて決済関係のボタンが押せない!」という事態に。慌てて検索すると、やはり同じような現象で困っている方たちがたくさんいらっしゃいました(そりゃそうですよね。EX-ICを使うようなビジネスマンにはiPhoneユーザーもかなり多いはずですから)。そして、iPhoneでも使えるよう個人で制作されているEX-IC予約用アプリがいくつかリリースされていることもわかりました。
 ということで、今はそのうち一つのアプリを利用しています。オフィシャルではないので何かあった場合は自己責任なのですが、背に腹は代えられないな...と。
 ですが最近では、こうしたアプリすらも落ちるという不安定な状況があるようです。しかもどのアプリでも。元からブラウザの表示方法をiPhone用に強制的に変換する(らしい)かなりアクロバティックな物なので、OSなどの少しの変化でも障ってしまうのかもしれませんね。
 実際、私も先日は予約の最後に落ちてしまったのでカスタマーセンターで確認する羽目になりましたし。そこそこの金額が扱われる上に時間も関係するサービスなので、積極的な利用はおすすめしません。ただ、これまでEX-IC予約を利用されていた方で新たにiPhoneユーザーになられた方もおられるでしょうから、リファレンスとして参考にしていただければと思います。
 当時、あんなに大きな企業の公式サイトがスマートフォンを視野に入れていないことに驚きましたが(といってもまだ1年ほど前のことです)、今も対応の兆しがまったく見えないのにはどうにかしてほしいな...と思います。飛行機予約などはきちんと連動して稼働するアプリもあるわけですし。今回は少しグチっぽい内容になってしまいましたが、まだこんな状況もあるというご紹介でした。それではまた。


ディズニーランドのおはなし

2011年2月15日

こんにちは。バレンタインデイ、みなさんはどんな本命・義理・友チョコをあげましたか? チョコレートはあげるよりも自分で食べるのが得意なお手伝い・長尾です。

さて先日、実家のほうから友人が子連れで遊びに来て、個人的には10年近くぶりの東京ディズニーランドに行ってきました。
バレンタイン関連のイベント期間中でしたが、そちらには見向きもせず...、友人の子ども(4歳の男の子)目線で、楽しんできました。

そんな友人の子は、舞浜駅に到着するやいなやディズニーリゾートラインに目が釘づけ。家を出る前からずっと乗るんだと決めていたそう。パークMAPを開けば、ウエスタンリバー鉄道のみならず、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイのほうまで「これも乗りたい!」と指を差し、ディズニーのオモチャがずらりと並ぶトイステーションでは、リゾートラインのプラレールに夢中で動かなくなるほど。やはり男の子、電車が好きなんですね~。
ウエスタンリバー鉄道はもちろん、イッツ・ア・スモールワールドなど、大人になってからは足が遠のいていたアトラクションにも乗れて新鮮でした。

帰りのランド入口にて。正面の東京ディズニーランドホテルには泊まれず......サンルートで1泊。オフィシャルシャトルバスには、初めて乗ったのですが、かわいくて興奮しっぱなしでした!!!

nagao023.jpg nagao024.jpg

話は変わって。実は友人もiPhoneユーザーで(3GSを所有)、カメラやゲーム、何より調べものに役立てているようでした。当日も、お土産に関する情報をSafariでさっと調べて、決め打ちでショッピング。私の探しもの(妹に頼まれたダッフィーのぬいぐるみ)まで調べてくれました。ただ、ダッフィーはシーでしか買えないみたいだったので、ゲットならず。ちゃんと前もって調べておけばよかった...(でもそんな時は前述のようにiPhoneが大活躍!なんて、言いわけ...)。
元気な坊やと一緒になってはしゃいでいたため、そこまで話は聞けませんでしたが、彼女曰わく、そんなに活用はできていないとのことでした。しかし、基本的なツールを十分に活用していて、私も見習わなければと反省した次第です(自分もiPhoneを持っていながら調べものなどやってもらう私、とか...)。

ちなみに、基本的ツールということで、MAPでディズニーを検索すると......

nagao025.jpg nagao026.jpg

イッツ・ア・スモールワールドやワールドバザールはちゃんと書かれているんですね!


あと、すでにファンの人はご存じかと思いますが、トイストーリーのアプリもあるんですね(写真は無料版の「TOY STORY 3」、http://itunes.apple.com/jp/app/toy-story-3/id364170998?mt=8)。

アカウントを作ればゲームのスコアなどを友達とシェアできるそう。容量は重いけれど、さすが画像も綺麗なアプリです。

nagao027.jpg

そういえば、「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」にも乗ってきました。坊やのことも構わず、ひたすら的を狙って打ちっぱなしだった大人気ない私...。
ともあれ、童心に返ることもできる夢と魔法の国、ディズニーランド、しかと楽しんできたのでした。


バレンタインとiPhoneのおはなし

2011年2月 7日

 こんにちは、木村です。

 ついこの間お正月のご挨拶をしたはずなのに、カレンダーはもう2月。節分が終わった今や世の中はバレンタインモードですね。手作りチョコをプレゼントする計画を立てていらっしゃる方もいらっしゃることでしょう。

 本屋さんにはチョコレートのレシピ本がたくさん並んでいますが、iPhoneでもレシピ&スイーツ系アプリはたくさんリリースされています。本誌でもお料理全般をカバーした「クックパッド」やスイーツ中心の「お家でパティシエ」を紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。また、最新の季節ものアプリとしてロッテガーナチョコレートによる「Ghana手作りチョコレシピ」(無料)も出ているようですので、併せてどうぞ。

 iPhoneレシピのいいところは、プリントアウトしなくても本体をキッチンに持って行くだけでレシピが見られることですよね。めくる手間がないので手が汚れて使えなくても使えますし...。ただ、iPhoneの保証は水没には対応していないので、シンク周りの水にくれぐれもご注意を。

●Ghana手作りチョコレシピ(無料)
 http://itunes.apple.com/jp/app/id413433383?mt=8

クックパッドも見事にバレンタイン関連のキーワードばかりですね...。

kimura028.jpg

 クリスマス同様、こうしたお祭りごとは楽しんだ者勝ちなので、チョコ作りのBGMにはバレンタインソングも流しちゃいましょう。

 国生さゆり「バレンタイン・キッス」やPerfume「チョコレイト・ディスコ」あたりの王道もいいし、口ロロ(クチロロ)「VALENTINE KISS」やOUTKAST「Happy Valentine's Day」なんかでハズしてもいいですね。

 あと「変わった造りだけど、そんなあなたの顔が好きよ」という歌詞がロマンチックな「My Funny Valentine」という曲もあります。シャンソンのトニー・ベネットからロックのニコ、弘田美枝子までさまざまな歌手が歌っているので、iPod機能のプレイリストでメドレーにして聴き比べてみるのも、なかなか渋くてオススメです。

 ちなみに、iTunes Storeでは映画「チャーリーとチョコレート工場」も購入できるので、チョコレート繋がりでご紹介しておきますね。

●OUTKAST「Happy Valentine's Day」
 http://itunes.apple.com/jp/album/happy-valentines-day/id3640667?i=3640269

●口ロロ(クチロロ)「VALENTINE KISS」
 http://itunes.apple.com/jp/album/valentine-kiss/id214634979?i=214635072

●「チャーリーとチョコレート工場」
 http://itunes.apple.com/jp/movie/id399959529

 そうそう! カレンダーで思い出しましたが、iPhoneのロック画面に1カ月や2カ月のカレンダーを表示させる方法ってご存じでしょうか? 本誌でご協力いただいたiPhone女子ユーザーさんにもいらっしゃいましたが(p.106参照)、これは純正の設定にはないものです。

 方法としては、「Quick Calender」(無料)や「素敵なロック画面を作成します。/ i Lock Screen Maker - Basic Frame (Wallpaper & Background) 」(キャンペーン期間のみ無料)などのアプリを利用し、写真とカレンダーを組み合わせた画像を作成してロック画面に設定すると可能になります。

●Quick Calender(無料)
 http://itunes.apple.com/jp/app/quick-calendar/id302897215?mt=8

●素敵なロック画面を作成します。/ i Lock Screen Maker - Basic Frame (Wallpaper & Background) (キャンペーン期間のみ無料)
 http://itunes.apple.com/jp/app/id413939736?mt=8

「i Lock~」でロック画面を作成してみました。

kimura029.jpg

 チョコを渡すほどではないけど...という男の子には、お気に入りの画像でカレンダーを作成してちょっとしたメールを送るのもよいかも。ちゃめっ気が感じられそうだし、楽しんでもらえるんじゃないでしょうか。

 それではまた!


ひこうきのおはなし

2011年2月 4日

みなさん、豆まきはされましたか? 食べるべき豆の数がこれ以上増えてほしくない、お手伝い・長尾です。

さて先日、羽田空港へ行ってきました! 今回は飛行機に乗る用事ではなく、観光です。

私にとって空港は、ここ10年くらいでようやく行くようになった場所。それも、めったに飛行機に乗ることなんてないので、空港に行くとなるとウキウキしちゃうんですよね。

羽田の新ターミナル・オープンの様子もテレビでは見ていて、せっかく近くにあるんだから行かなくちゃ! なんて思っていたものの、混雑具合に気後れしてすっかり出遅れていたのでした。

そんな、ようやく足を踏み入れた国際線ターミナル。
ホントいたるところ"江戸"というか、和な作りですね。海外からのお客さん向けにいかにも日本らしいよい品がたくさん集められていて、日本に住んでいながらも普段あまり見る機会がないせいか、なんだか新鮮に感じられました。

いろいろ気になるものはあったのですが、特に「まかないこすめ」(http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/5200100012400000/index.html)のこんにゃくスポンジ(賞味期限ならぬ、使用期限付き!)が気になっていて、買っとけばよかった...と、今さら悔やんでいるところです。

江戸小路。MORELOMOで撮ったら、ノスタルジックな感じになっちゃいました。

nagao018.jpg

せっかくなので、世界の飛行機のテイクオフも見たい! と思っていたのですが、何も調べずにおやつ時に行ったら、国際線は遅れもあってほとんど離発着がない状況...。気を取り直して、国内線(第2ターミナル)の展望デッキに行ってきました。

こちらはANAのメイン・ターミナルなんですが、とにかく人気の洋菓子・和菓子のお店がいっぱい! 食事処もちょっと敷居の高そうなお店も入っていて、ご飯を食べに行くだけでもよさそうな雰囲気です。

お店は後まわしにして、展望デッキへ直行。新しい滑走路は海のほうなのであまりよく見えませんでしたが、正面を横切って飛び立つ飛行機に、横にいる子どもたち以上に大はしゃぎしてしまいました(笑)。

しかし、この日の外気温は、1ケタ...。そんな中、何十分もいたので、翌日に風邪をひいたのは言うまでもありません。

ともあれ、新ターミナルやテイクオフも見れたし、飛行機の尻尾(?)の部分にも萌え萌えしたし、美味しいものも食べて満足な休日を過ごしたのでした。

第2ターミナルの展望デッキ。寒空の下、子どもや飛行好きのパパたちにも負けずはしゃいでました。

nagao019.jpg

寒い季節、素敵な気配りが。ストールがあるから大丈夫と思ってたけど、素直に借りておけばよかった...。

nagao020.jpg

そして......家に帰ってからも、飛行機・空港熱が止まらず、管制官ゲームをダウンロードして遊んでおります。

・Flight Control Free(無料、http://itunes.apple.com/us/app/flight-control-free/id407910954?mt=8
 世界中で人気のシンプル管制官ゲームの無料版。ひたすら飛行機を着地させていくのですが、これがまた奥深い! はまりすぎて、有料版の購入を検討中です。

nagao021.jpg

・航空管制官 4.0 Lite(無料、http://itunes.apple.com/jp/app/id303472036?mt=8
 ミッションをクリアしていく形式なので、達成感があります。有料版では、いろんなシチュエーションやモードがあるそうで気になります。

nagao022.jpg

どちらも、昔からあるゲームですが、いまだに根強い人気があるみたいですね。
ただ飛行機の向きを変えるだけではなく、次から次へとやってくる飛行機が衝突しないようにさばいていくので、我を忘れて没頭してしまいます。時間をもてあましたときなどにオススメですよ。やったことない人はぜひ一度お試しください!


映画つながりのアプリのおはなし

2011年1月26日

 こんにちは、木村です。暖かいと思ったら雨で寒かったりと気候が一定しませんね。インフルエンザも流行っているようなのでお気をつけくださいませ。

 さて、今日もちょっと気になるアプリがあったので、そちらを紹介したいと思います。その名も「8ミリカメラ」(http://itunes.apple.com/jp/app/id406541444?mt=8)。まさに名前そのまま、iPhoneで8ミリ風動画を撮影することができます。

 過去、PolarizeやMoreLomoのように写真や画像をレトロ風に加工するツールはありましたが、動画を加工できるものはなかったのでは? レインボーレンズほかレンズ5種とモノクロフィルムなどのフィルム5種、計10種のエフェクトが扱えるようになっています。

 もちろん両方を組み合わせて使えるので、さらに豊富なバリエーションが生まれると言えます。ノイズと淡いトーン効果で、日常の様子があら不思議、まるでPVのようにすてきな記録に早変わり、です。

 ちなみに実際の映画では、昨今はもう全編8ミリ撮影という作品はさすがにありませんが、ポイント的に使われることが多いようです。先日私が見た「海炭市叙景」という作品でも、登場人物の幼少期を表すシーンで使用されていました。

 カクカクした動きやノイズがちらちらと入る感じが、懐かしさや古さの表現にしっくりくるんでしょうね。なので、iPhoneのクリアな動画とこのアプリで撮影したレトロな動画を繋げられるようになれば、iPhone一台で簡単なPVくらいなら作れるようになる日が来るのかもしれません。

 テスト撮影をしてみました。

・X-Proフィルム+周辺が暗くなるレンズ(クリックで再生

kimura026.jpg

・Sienaフィルム+ノイズ(クリックで再生

kimura027.jpg

 映画つながりでもうひとつ。公開中の「ソーシャル・ネットワーク」はFacebookを題材にした作品ですが、こちらもずいぶん昔からiPhone専用のアプリ(http://itunes.apple.com/jp/app/facebook/id284882215?mt=8)があります。PC版のUIデザインはいかにもな海外サービス感があって慣れないと少し使いづらいのですが、iPhoneアプリを使うとかなり使いやすくなります。

 iPhoneの表示構造に従っているからなんでしょうか。最近話題だけど難しそう...と躊躇していた方は一度iPhoneでトライしてみてはいかがでしょう。

 ということで、また。


写真アプリデビュー! のおはなし

2011年1月24日

こんにちは。タップのヒット率がいまだに70%程度(これでもちょっと上達しました)のお手伝い・長尾です。爪も短くしてるのに何でだろう...。

さて、iPhoneといえば、やっぱりアプリですよね!
例に洩れず、私も基本設定が完了した後にあれやこれやと増やしてみました。

iTunesストアや本書のアプリ紹介ページを見ながらどれにしようか迷いつつ、とりあえずはじめは気になっていたアプリからダウンロード。

......そのダウンロードなのですが、iPhone本体でもできますが、検索や容量のことを考えると、個人的にはPCのほうが使いやすいかなと思い、基本的には家のPCを使ってダウンロードしています。放っておくと同期を忘れてしまいそうなので、こちらの癖付けのためにも!
もちろん出先でこれ! と思ったら本体も使っていますが、電池の残量次第です...(電池消費のペースがいまいち掴めない!)。

今のところ、ユーザーさんのアンケートでもダントツ1位の「クックパッド」はもちろん、写真やゲームなどの無料のアプリを中心にダウンロードしています。iTunesのApp Storeが有料と無料と人気検索が分かれているので、探すのにとっても便利!

ダウンロードした中で、本書でもユーザーさんが紹介している「MoreLomo」は今かなりお気に入りのアプリです。

こちらはLOMO風の写真が撮れるアプリでして、ほかのアプリをそんなに試せていないので細かい比較はできていませんが、無料でこれだけ雰囲気ある写真が撮れるのはいいなと。写真を撮る際には必ずと言っていいほど使っています。
保存するときにオリジナル(加工なし)とLOMO加工と両方でも単独でも保存できるのもうれしいところです。

強いていうならば、フラッシュが勝手に点いてしまうのがちょっと使いづらいかも。特にちょっと暗めのところや離れたものを撮ろうとすると点いてしまうんですよね。無料ですし、細かい調整はやはり厳しいのかなーとは思いつつ、うまく制御できる方法もあるかもしれないので(カメラ自体の設定とか?)、いろいろ調べて&触ってみようと思います。

本書では写真アプリなどをわかりやすく、比較しやすい形で紹介しています。いろいろなアプリを試して自分にぴったりのものを見つけたいなという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・MoreLomo
 http://itunes.apple.com/jp/app/morelomo/id337217082?mt=8

何気ない写真(左)も、LOMO加工(右)で雰囲気が変わります。
nagao015.jpg
 nagao016.jpg

子ども用の鉄琴だって、なんだか不思議な感じに見えちゃいます。
nagao017.jpg


新しい壁紙プレゼントのおはなし

2011年1月21日

こんにちは!
ミルデザインスタジオの原です。
新年がスタートしましたが、
早速、慌ただしい日々を送っております。
今年はどんな年になるか楽しみですね!

さて、昨年お知らせしていたように、
絹さんイラスト壁紙のプレゼント期間が終了しまして、
新しい壁紙のプレゼント期間となりました。

春気分を楽しめるカラーリングの
シンプルデザイン壁紙となっています。
右のリンクから是非ダウンロードして
あなたのiPhoneを素敵にアレンジして下さい!

hara007.jpg  hara008.jpg


Twitterアプリとノートアプリのおはなし

2011年1月20日

 梅がそろそろきれいな季節になりましたね。木村です。
 さて、ひさびさにアプリ紹介などをしてみたいと思います。なんといっても、今日の話題はJustSystemさんがリリースした「Tweet ATOK」。ということで、今回は個人的なお気に入りとしてATOK Padを連携させられるアプリのご紹介をしたいと思います。

 ATOKが使えるTwitterクライアント「Tweet ATOK」。本家がリリースした無料アプリということでかなり話題となっているようですね。

 本書のアプリ紹介ページでも「ATOK Pad for iPhone」をご紹介しましたが(実はこれ、当時の校了直前にリリースされたのでぎりぎりで差し替えたのでした...)、「さすがの日本産変換ソフト!」な賢さにさくさく感はそのまま、Twitterクライアントとしてもなかなか使いやすい仕上がりになっています。UIデザインの見た目が人気のTwitterクライアントEchofonに割と近いので、利用している人なら違和感なく使えるのではないでしょうか。

 入力時に「@」「#」キーがすぐ扱える上、ユーザー名やハッシュタグを学習してくれるのもヘビーユーザーには嬉しい点です。ATOK Pad for iPhoneユーザーの場合は、定型文や単語をそのまま引き継げるのも便利ですよ。

 ちなみに、現状では広告でほぼ1ポスト分がつぶれてしまいます。無料なので仕方がないのですが、おそらく今後は有料版もリリースされるでしょうから、気になる方はそちらを待ちましょう。アプリ間の移動が必要なため、これまではわざわざ感が多少上回りがちなATOK Padでしたが、これなら快適に使えることまちがいナシです。

・Tweet ATOK
 http://itunes.apple.com/jp/app/tweet-atok/id411869592?mt=8

kimura020.jpg kimura024.jpg

 2本目は「RainbowNote」。Googleドキュメントと連動して使えるノートアプリです。

 虹の写真が貼られたスケッチブックのアイコンがかわいいですね。アイコンのカラフルさが表しているように、書き込むベース紙(75種類も!)やフォント、文字色などいろいろなセレクトが可能。カラーラベルで分類したり、カスタマイズすることで自分だけの楽しいノートにすることができます。

 またノートアプリには画像をアップロードする際に圧縮してしまう物もあるのですが、こちらは高解像度のまま。高解像度のiPhone4でも美しく表示され、細部まで楽しむことができます。

 そしてGoogleドキュメントとの連携。iPhoneやPC、iPod Touchなどさまざまなハードから一つのデータを編集することができます。出先からざっくり記録したテキストデータを、帰宅後にゆっくり自宅PCで推敲して完成...などの使い方ができてとても便利ですよ。

 「ATOK Pad」やEnfourの「スペルチェッカー」を連携させれば、漢字の変換間違いやスペルミスなどもグンと軽減。効率的な記録をすることができます。

 こちらは10件までしか登録できないLite版ですが、無制限の有料版(450円)も同時にリリースされています。気に入った方はぜひ利用してみてくださいね。

・RainbowNote Lite:無料
 http://itunes.apple.com/jp/app/id338961935?mt=8

kimura025.jpgkimura022.jpg 

 3本目は「Note&Share」です。こちらもノートアプリなのですが、驚きはその連携サービスの数。ざっと見ただけでもTwitter、Evernote、Facebook、Dropbox、Email、Googleドキュメントなど広範囲をカバーしているので、クラウド系アプリのユーザーさんであれば非常に便利なのではないかと思います。

 使い方は特に難しいことはありません。まず各サービスのアカウントとパスワードを入力して連携させておけばOK。ノートパッド上にテキストやデータを入力し、上部バーに表示された各サービスのアイコンをタップするだけで終了です。またセーブすると自動的にDropboxに保存されるのでデータ管理の面でも安心です。

・Note&Share:期間限定115円(350円)
 http://itunes.apple.com/jp/app/note-share/id391714522?mt=8

kimura023.jpg

 いくつかご紹介してみました。下のノート系は少しだけややこしそうですが、説明文も日本語ですし、使いこなせばとても便利になるはず。一度インストール&チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 


iPhone初心者のおはなし

2011年1月13日

1月も半ばではございますが......あけましておめでとうございます!
お正月はやっぱり食べ過ぎてしまった、お手伝い・長尾です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさてさて!
唐突ですが、私、ついにiPhone 4を手に入れました!!!!!
12月にiPhoneに機種変更しますと宣言してから1か月。ようやく、本当にようやくです!
本のお手伝いで本体に触れる機会はあったし、本も熟読してやり方はひと通り把握しているし、設定をちょちょっとやって、あとは快適なiPhone生活が待ってるだけ♪

......と思いきや、うまくいかないのが私なんですね。。

興奮覚めやらぬまま、家に帰って最初の設定作業をはじめたものの......

①同期の際にOutlookの連絡先を共有するなどのチェックをつけたままで、携帯に入れる予定のない情報がいろいろ入ってしまって焦った。
②iTunesのIDはすでに持っているからスムーズかと思いきや、1年ほど使っていなかった関係でパスワードをすっかり忘れていた上、カード情報などの更新忘れていた。
③ようやく"電話帳かんたんコピー"がダウンロードできたものの、タップがうまくできずに(微妙にポイントがずれる...)連絡先への追加がなかなかできない(それ以前に文字入力にも時間がかかる)。

......等々、ほかにもあるのですが、初歩的なところで散々な結果。「本当にお手伝いしていたの!?」と言われても仕方ないくらいの情けなさ(苦笑)。

①は自動同期しない設定にしてすぐに解消。②はどうしようもなく怠惰な自分を恥じつつ慌ててパスワード変更と情報更新をして、事なきを得る。③はアプリの操作以前に、ほかの場面でも、タップが軽すぎたのかうまくページが開かなかったりしてたんですよね...。とにかく地道に何度もトライして、やっとこさ初期設定を完了しました。おかげで、メール設定(~@i.softbank.jpのアカウント)は翌日まわしにしてしまいましたが...。

なんとかなったものの、お恥ずかしいくらいのテンパり具合でした(苦笑)。
いざやってみると、どうしても今まで使っていた携帯の感覚から離れられなかったりして、あれ? と思うこともしばしば。わからない時など、本書を見ながら設定をしていたのは言うまでもなく、むしろほぼ一から順を追って設定をしていったのでした。本書に関わっていてこう言うのもなんですが、本当にこの本があって助かりました!

今はぼちぼち慣れてきたところですが、細かいところはまだまだ。本書を活用して快適なiPhone生活を送りたいなと思います。
そして、今後もこちらのブログにiPhone初心者ユーザーの視点でいろいろ綴っていきたいなと思っておりますので、引き続きよろしくお願いいたします!

ようやく手に入れたiPhone! とりあえず、電気屋さんで同時購入30%引だった透明ソフトケースに入れてボディを保護しています。
nagao013.jpg

 

以前作った編み物ケースに入れてみました。ちょっと落ち着きすぎかなあ。また違う色でも作ってみたいと思います。
nagao014.jpg

 

※名義変更について

以前のブログで、家族割引の関係で機種変更のするには委任状がいる、と書かせてもらいましたが、じつは今って端末契約者は家族割引を利用するとしても本人の名前で契約ができるんですね。なので、家族割引利用者=機種変更が手間がかかる、はちょっと違う...誤解のある書き方になってしまい、大変失礼しました。

じつはこれ、正月休みに帰省したときに母とSoftBankショップに行って発覚した話でして...。

旧Vodafoneから家族割引を利用していた我が家では、すべての端末契約者を母にしていました。しかし、SoftBankでは、家族割引に加入する場合でも、端末契約者名は所持する本人の名前でOK、家族割引は家族の中の代表者との家族関係の証明をすれば加入ができるそうで、実際に、他社からSoftBankに乗り替えをした父は端末契約者名が本人になっていました。
つまり、家族割引に加入していても、端末契約者が本人であれば、離れて住んでいても機種変更の際は書類いらずとなるわけですね。私も結局その方法で機種変更をしたのでした。
もちろん、旧Vodafoneからの家族割引利用者で名義変更がまだの人や、お家の事情などで端末の名義が家族の場合などは、機種変更するには委任状と代表者(端末契約者)との家族関係などがわかる証明書が必要になるそうなのでご注意を。

そんなわけで、そのときは端末契約者であった母といたついで。実家も遠いので、今後のことも考えて名義変更をしてきたのでした。

私の場合は代表者の同行によりそんなに手間なく済みましたが、名義変更の際は契約者との同行(譲渡人と譲受人が一緒に行く)ほか、やはりいろいろな方法があるそうなので、自分の状況に応じて近くのショップなどで確認してみてくださいね。


新年のおはなし

2011年1月12日

 木村です。1月も中旬になりましたが、みなさまいかがお過ごしですか。今年も『かわいいiPhoneきほん』と本ブログをどうぞよろしくお願いします。

 新年にPCを開くと思い出すのは、Macのニューイヤーメッセージ。1月1日に立ち上げると「あけましておめでとうございます」というメッセージが表示されるというMac界隈ではおなじみのギミックです。

 Macを使い始めた90年代後半は、時刻設定によってPCが働きかけてくるようなギミックはかなり斬新だったんですよね。しかも年1回のレアな物でしたから、うまく遭遇できた時は嬉しかったな~。

 まあ今はそういう遊びもそこまで言われなくなりましたが。同じApple社の製品でもiPhoneにはそういう機能はないんですよね。元々用途が違いますし、スマートフォンという常時起動の機械ゆえ当然と言えば当然なのかもしれないけど...。

 今年は新年早々にiPhoneをうっかり落としてしまい、「あけましておめでとうございます」どころか、左上バーの「SIMなし」という普段はおよそ見ない表示に「うっわあ(汗)」と冷や汗をかく始末でした。

 再起動で事なきを得ましたが、最初だったのでかつての爆弾マーク(もしくは「フォルダが見つかりません」マーク)くらいどっきりしました。さらに昨今のバッテリーの減り具合が尋常ではないんです。年末に購入から一年経ち、バッテリー消耗が原因でも交換可能にはなったのですが、調べてみたらAPP(アップルプロテクションプラン)に入りそびれていたことが判明。なのでもう少し様子を見ようかと思っているところです。

 本書巻末のQ&Aにも少し書いていますが、今のところ、バッテリーの消耗問題は誰がどの個体を持ってもiPhoneならほぼ起こる問題のようです。「もしかしたら2年くらいなら保つかも...」と迷ううちに入りそびれる人(私です)もいますが、意外と最初に入っておいた方がのちのち得なのかもしれませんね。

 そんなこともありつつ、書籍とiPhoneにまつわる細々としたことを引き続き書いていきたいと思います。今年もよろしくおつきあいくださいませ。

新年らしくお雑煮の写真でも...。初めて食べた東京風のお雑煮(実家は焼かない丸もちに味噌仕立てなのです)が新鮮で、思わず写真を撮ってしまいました。

kimura019.jpg


iPhoneポシェットのおはなし

2010年12月28日

♪もーいーくつ寝るとーお正月~~

皆さんお正月の準備は進んでますか? 年末の大掃除はもちろん滞っている、お手伝い・長尾です。
10月に本書が発売されたと思ったらあっという間に年の瀬。時間が過ぎるのは速いですね~。

さて、ブログ内で手作りiPhoneケースの裏話や作家さんを紹介してきましたが、ラストはiPhoneポシェットのおはなしです。

こちらのポシェットは京都在住の布作家・Romieさんに作っていただいたのですが、他の作家さん同様、少ない時間のなか試行錯誤してもらって出来上がった素敵な作品です。お気づきの方も多いと思いますが、このページだけ初級編・上級編とついています。それにはワケがあるのです。

じつは、はじめにいただいていたのは上級編で紹介しているポシェットでした。
大人カワイイくて、普段使い~パーティーなどちょっとしたときにも使えちゃうデザインという申し分ない作品なんですが、まったくの初心者だとジッパー付けはちょっと大変かも!? という意見から、もうひとつ作ってもらうこと...。

そうして出来上がったのがあの初級編のシンプル&ナチュラルなポシェット。折りたたんで直線で縫ってボタンとレースをつけるだけ。しかもボタンはヒモで巻くタイプなので簡単、そしてカワイイ! というおいしいとこ取りなポシェットを提案してくれました。

本当はメインのポシェットひとつに、そのアレンジ方法を2種類ほど紹介する予定だったのですが、素敵な作品を無駄にはしたくない! そこで、初級・上級という形で2種類紹介することにしたのです。

上級編も、上級といいながらも手順はシンプルで簡単に作れて、でも大切なiPhoneはちゃんと保護できるような造りという優れもの! カワイイだけじゃないんです☆
初級編を作られた方、デザインが気にいった方はぜひチャレンジしてみてください。

ちなみに本書に掲載されている作品は、アンティークのレースを使用しているそう!(ただし予算は市販のトーションレースなどを参考にしています) 実物も見せてもらいましたが、本当にきれいな編み模様のレースでした。
皆さんもお気に入りのレースを探して、自分らしいiPhoneポシェットを作ってみては?
作り方は本書終盤の手づくりiPhoneケースのページをご覧くださいね!

●Romieさんのオフィシャルページはこちらから。素敵な作品たちの情報もありますよ。
 http://www.romi-e.com/

 ※作品はこちらでも購入できます。
 ■CHUM APARTMENT(東京)
  http://chum-apt.net/
  Romieさんの作品紹介ページはこちら(http://www.chum-apt.net/art_design/onlineshop/one/)。

それではみなさん、来年も楽しいiPhone生活を満喫してくださいね!
よいお年を~!!

布を買うだけ買ってまだ作れていないんです。この休み中になんとか作りたいなー。ちなみに、私は綿・麻混合のものを選びましたよ。

nagao011.jpg

我が家の裁縫セット...。小5のときに学校で買ったものをいまだに使っています。もう少し女子らしくかわいい&実用的なものがほしいと思いつつ今日に至ります。

nagao012.jpg


プレゼント壁紙のおはなし

2010年12月22日

こんにちは。
ミルデザインスタジオの原です。

iPhone使ってますかー?
最近はAndroid使っている人にもチラホラ出会います。
どうどう?なんて聞いてみると、
難しいよ!とのこと。

まぁ、iPhoneも携帯からの移行だと
最初は??な印象だったので、
そういうことかしら? 違うのかしら? と思いつつ。

さて、このブログサイトからダウンロードできる
イラストレータ絹さんによる素敵な壁紙(http://kawaii.sbcr.jp/2010/10/post-2.html)ですが、
1月中旬でダウンロードが終了します。

まだダウンロードされてない方は
急いでゲットして下さい。

その後、新しいデザインのものがアップされます。
楽しみにしていて下さいね!

そんな私の壁紙は自分で撮影した写真。
徹夜帰り自宅前で見た明け方の月がやたら美しく見えたのはなぜでしょうか。
(月、右端の方に小さく映ってます)

hara006.jpg


編み物ケースのおはなし

2010年12月22日

 こんにちは木村です。クリスマスの感じもだいぶ強まってきましたね。私も無事MacBook Air 11"が納品されたもので、一足早いクリスマス気分を味わっています。主にサンタと子どもの一人二役遊び的な感じですが。

一回やってみたかったんですこれ。

kimura015.jpg

 不安だったiPhoneの同期もばっちり。ようやく戻ってきた快適なPC&iPhoneライフを楽しめるようになったところで、今回のおはなしは「iPhoneケース」についてです。これまで長尾さんが紹介してきてくださっていますので、私はその中にある編み物ケースの作者としてのお話をば。

 本書で手づくりケースの作り方ページを設けようという案は、初期からずっとあった話でした。ただ、自分が制作もすることに関しては特に決まっておらず、打ち合わせ中に「作りましょうか」と口にしたところあれよあれよという間に進んでいったことでした。

 昔から編み物が好きでしたし、シガレットケースのようなポシェットが簡単にできることも知っていましたから、特に困ることはありませんでしたが...。強いて言えば、その時には原稿執筆も始まり、平行して制作していたので時間が心配だったくらいでしょうか。

 ちなみに、一番最初に出したデザインはスマイルときのこワッペンの付いたオレンジボーダーケースでした。ベルトに通せば手ぶらになれるデザインということで、FRFやRSR、METAMORPHOSEなんかに行くような女子を想定して作りました。

試作品を作った時、「こんなふうに使います」という説明のために送った参考写真です(ブログ用にちょっと加工しています)。

kimura016.jpg

 ただ、「この形だと持ち方が限定されてしまうのでは?」という意見をもらいました。そこで新たに作ったのが、緑×青のごくごくシンプルなぺたんこケースです。ぺたんこケースなら鞄の中に入れてもいいし、生成り色のバリエーション分のようにストラップを付ければポシェットにもなります。

 色みを変えれば女子はもちろん、男子にだって使ってもらうことができます(長尾さんはシックな茶系を選ばれていましたね)。ふたの長さを変えたりストラップやリボンを通したり、読者のみなさんにもいろいろ楽しんでもらえるのではないかな...と考えつつ制作していきました。

 というところでクリスマスですよ。「もうすぐなのに何も決まってない」とか「何をあげたらいいかわからない」というみなさん、オリジナルのケースを送ってみてはどうでしょうか。一つの型紙で男子にも女子にもオッケー、1色なら毛糸1玉、そして半日もあれば作れてしまいます。iPhoneケースですが、実はたばこなど別のものにも使えますしね(笑)。

 iPhoneマスターさんへのちょっとしたプレゼントとして、iPhoneを持ちたてのお友達、購入を迷っている...というお友達には、『かわいいiPhoneのきほん』と一緒にプレゼントしてあげるというのもよいのではないでしょうか。というわけで、よいクリスマスをお過ごしください。

 毛糸で編んだツリーです。オーナメントは市販のものですが、意外とかわいく見えるものですね。BGMには、こんなクリスマスソングをメドレーを流したりしています。
●Saint Etienne & Tim Burgess "I Was Born On Christmas Day" (The Word 1994)(
http://www.youtube.com/watch?v=w2NJEAFX2pA
●Folder/GET YOU(
http://itunes.apple.com/jp/album/now-and-forever-single/id285080286
●John Astericks feat Glam Aid - Do They Know Its Christmas (The musicvideo)(
http://www.youtube.com/watch?v=ITJRKeIiybI
●Saint Etienne - My Christmas Prayer(
http://www.youtube.com/watch?v=R5secX-G-Kw

kimura017.jpg


機種変更のおはなし

2010年12月17日

最近、念願のスポーツクラブに通い始めてウキウキ......ではなく、日頃の運動不足を痛感しているお手伝い・長尾です。

さて、これまで非iPhoneユーザーだった私ですが、ついにiPhoneデビュー!
......を飾るべく、準備を始めました。

準備というのも、今使っている携帯もSoftBankではあるけれど、契約者が実家の母なんですね(ホワイト家族割引を使っているのです)。

もともとSoftBankユーザーだった方はご存知の方も多いと思いますが、こういう場合、機種変更をする時には契約者と同行、もしくは契約者直筆の委任状と家族関係がわかる書類(戸籍謄本等)が必要になるのです。

私の場合、契約者である母が遠方に住んでいるため同行してもらうことは難しいため、委任状と戸籍謄本を用意しなくてはならず、先日ようやくその委任状の用紙をSoftBankショップに取りに行ってきて、ミッション・スタート、となったわけなのです。

あとは母にこれを郵送→もろもろ記入し返送をしてもらう→本籍地より取り寄せた戸籍謄本と今使っている携帯とハンコを持ってSoftBankショップへGO!という流れになるわけです。

諸事情あって、店頭在庫が出始めた秋頃はすぐに機種変更できかったため、ようやく!

自分へのクリスマスプレゼントの予定もこの調子だとお年玉になりそうですが、いい気分で年越しできそうです(笑)
母からの返送を待つ間、もう一度本書で使い方などを復習したいと思います!

本書の始めのほうには、私と同じくiPhoneデビューを考えている方向けへの解説などもありますので、購入検討中の方もぜひご覧ください。

ついにもらってきた委任状! それだけでウキウキしている私です。

nagao010.jpg


カレンダーのおはなし

2010年12月16日

 こんにちは木村です。
 前回はiPodネタからお気に入りのクリスマスソングをご紹介などしました。せっかくなのでもう1週したいな~というかクリスマスネタは今週で終わりなんだっけ? と思ってカレンダーを確かめたら、23~26日までほぼ毎日お笑いのイベントで埋まっている方が先に目に入ってなんか残念な気持ちになりました。まあ中にはプラチナ感のあるチケットもあるのでよしとします。

お笑いといえば、先日M-1の準決勝を見に両国国技館へ行ってきました。6,000人入るらしいですが、当日はさらに立ち見まで出ている盛況ぶりでした...。

kimura013.jpg

 カレンダーと言えば、みなさんはカレンダーってどのスタイルで見るのがお好きですか?  少し前に原さんが「スケジュールのおはなし」を書かれていた時に、キャプチャを見たら1カ月表示のスタイルでした。私も同じで、普段から1カ月表示を使っています。やっぱり一番使いやすいんですよね。

 でもカレンダーって、デフォルトには「日」や「リスト」での表示もありますし、きっと「絶対1日表示じゃないと!」という方や「なんでリスト使わないの?」という方もいらっしゃいますよね。この辺の選択はやっぱり、お仕事やライフスタイルと大きく関係しているんだと思います。私の場合だと、一日の予定ももちろん大事なんですが、締切が中~長期に渡る仕事が多いので、ある程度先が見渡せる方が安心できるのかも。

 今はスケジュール帳との2冊(?)持ちなのですが、来年は別のクラウド系アプリと組み合わせてみたいな~、と1月の予定をiPhoneに書き込みつつ思ったりしています。

 ところで最初のクリスマスネタのお話ですが、結局来週木曜が23日らしいので来週にまわしたいと思います。そして、最近見つけたかわいいフリック練習アプリ「KoloFlick」をご紹介しつつ、今回はこれにて終了です。


★KoloFlick(http://itunes.apple.com/jp/app/koloflick/id403236466?mt=8
 ひらがな専用のフリック練習アプリです。上から落ちてくる単語ブロックをどんどん入力して消し、上まで積み上がってしまったら終了。シンプルな構造ですが、濁音や吃音、同じ文字を2回入力するなど意外と適当になりがちな文字もきちんと身につけられるのでおすすめです。レベルが上がれば入力する単語が難しくなっていくので、無料ながら長く楽しめるアプリではないでしょうか。
 デザインがミルクストロベリーチョコっぽくてかわいいので、そういった意味でも女の子向きな気がします。kimura014.jpg


スワロフスキー・デコレーション・ケースのおはなし

2010年12月 9日

こんにちは。先日のぽかぽか陽気で気を抜きすぎて、若干風邪気味のお手伝い・長尾です。

さて、今日は手作りケースのスワロフスキー・デコレーションのお話です。

こちらを作ってくださった後藤さんはネイリストさんで、著者の木村さんのお知り合いなんです(先日のブログでも書かれてましたが)。
ときどき写真に写っているあのかわいいネイルは後藤さんデザインのものなんだそう!

そんな後藤さんの今回のケースは、パワーストーンを用いたデザイン。
石を中心に並べていくだけという初心者でも簡単に作れるデザインですので、みなさんも是非お試しください!
あと、要所要所でデコレーションのコツも書いてありますので、いろいろデコレーションをしてみたいという人には基本として読んでもらってもいいかもしれません。

パワーストーンといえば、石の種類によっていろいろな効果があるんですよね(アメジストしか知りませんでした...)。ほんの一部ですが、載せていますのでこちらも参考にして、自分だけのiPhoneケース兼お守りを作ってみてくださいね。

また、ご存じの方も多いかもしれませんが、スワロフスキーも手芸屋さん以外にも、最近では大型家電量販店のデコレーションコーナーに置いてあったり、手に入りやすくなっていますよ!

ネイルは普段ほとんどしませんが、チャレンジしてみようと、まずは形を整え中。すぐ折れちゃうのです。nagao009.jpg


音楽のおはなし

2010年12月 8日

 木村です、こんにちは。いつの間にか師走ですね。
 ニューMacBook Airで華麗に登場できるかと思いきや、BTOモデルにしたらまさかの2週間待ち。なのでだましだまし使っています。同期はまだできていません。しょんぼりです。

 さて、今回はiPodページの裏側のお話。

 実は先日、この書籍を読んでくれたらしい友人から「自分がすごく出てる本だね~iPodのところとか特に!」と言われました。カメラのように物理的な準備がいらなかったので、執筆中はあまり意識しなかったのですが、改めて見ると確かにこれは素が出ている...と我ながら思いました。「プレイリストの作成」など、ページ用に用意したものではなくiPhone内にある既存データで作ったので、趣味がまるわかり(苦笑)。ちなみに、あの項に出てきたアーティストのうち半分は、自分が10~20代だった90年代に活躍していた人です。三つ子の魂百までとはこのことか。

 そういえば「音楽データを購入する」の項目も、実際に購入しつつキャプチャ撮影をしたので、自然と自分の好きなアーティストが映っているんですよね。LITE、インディーズバンドなのですがいいですよ。iTS(iTunes Store)専売のライブ盤もあったりするし。というか、インディーズバンドが好きな人こそiTS&iPhone(のiPod機能)がおすすめです。

 データなのでリリースのフットワークが軽くなるのか、インディーズのアーティストはiTS専売のアルバムやライブ盤がわりとポピュラー。DE DE MOUSEのように(彼は今はもうavexですが)、CDアルバムの発売に併せてiTSだけでリミックス盤を出すアーティストも増えてきていたりしますしね。待ち時間にiPhoneのiTSでダウンロード購入して、移動途中にiPodで聴くこともさらっとできちゃいます。リストを検索して眺めるだけでも結構楽しいので、時間つぶしにもおすすめですよ。

 で、12月のこの時期の音楽ネタと言えばクリスマスソング。別の友人が「ちょっと買い物に行ったらマライヤのクリスマスソングばっかりだよ!」と言っていました。iTS恒例のクリスマスソングセレクトなんかを見ていると、センスがいい曲もあるんだな~と思うのですが、街中だとやはりメジャーものの方が普通なんでしょうね。あとはワムとか山下達郎とかかな...。せっかくなので、私もお気に入りのクリスマスソングを数曲おススメして、今回は終わりにしたいと思います。

★Pet Shop Boys/It doesn't often snow at Christmas
 クリスマスだけどクラブに行ったりアッパーに過ごしたいな~という人に。ドライブにも合うと思います。雪がない今のクリスマスにぴったりの歌詞です。iTSで買えるのはニューバージョンなので曲調は少し変わっていますが、クリスマス感満載のライブ映像(http://www.youtube.com/watch?v=zD72Qc_n4Ds)もどうぞ。

 Pet Shop Boys Christmas - EP
 http://itunes.apple.com/jp/album/pet-shop-boys-christmas-ep/id340732547

★world's end girlfriend/Planetarium Ghost Train
 映画「空気人形」のサウンドトラックも手がけているアーティストです。ノイジーな中にトイピアノぽい音があってかわいい雰囲気。クリスマス限定フリーダウンロードアルバムからの1曲なのでiTSでは買えない&ホワイトクリスマスとは真逆ですが、こういう趣味炸裂の曲こそiPodで。

 http://www.worlds-end-girlfriend.org/tower/

★mama!milk/Parade
 厳かに過ごしたい人に。アコーディオンとウッドベースのメロディが心に染みます。フランキンセンスの香りがするクリスマスミサを思い出させるのは私だけでしょうか...蝋燭の明かりがこれほど似合う曲もないです。アンサンブルライブ(http://www.youtube.com/watch?v=M1RNyciptkc)の映像と併せてどうぞ。

 mama!milk/Parade
 http://itunes.apple.com/jp/album/parade/id379213181

渋谷パルコ前にあった魔女のおうち。切り株型の建物が赤いライトに囲まれて素敵でした。森の中にあればもっとすてきなのに。

kimura012.jpg


フチを彩るおはなし

2010年12月 3日

先日、The Flaming Lipsというアメリカのバンドを観に行ったとき、終演後にヴォーカルのウェイン・コインがiPhone 4片手にひょっこりとステージに出てきて、観客をバックにそのiPhone 4でパチリ......なんて現場の5mくらい先にいたお手伝い・長尾です。くううっ! 私も入りたかったです!

さてさて、話は全然変わりますが、個人的に最近街中などでリングタイプのiPhoneカバーを着けている人をよく見かけます。
私が見かけたものは、色はピンクやパープルなどハッキリしたもので、模様や凹凸などのないシンプルなものが多かったです。

これも平らなフォルムになったiPhone 4だからこそ生まれたものだと思うのですが、iPhoneのデザインも楽しみつつ、ワンポイントに自分らしい色を入れるというさりげないオシャレを楽しめるのはいいですね。

本書でも、ケース紹介ページでmoreさん.(MSYさん http://www.msygroup.com/)のポリマージェリー製のスタッド型リングを紹介しています。スタッドといったら、ロック、パンク好きにはたまらないデザイン! スタッドとはいえども、素材の雰囲気もあってとてもポップな仕上がり。音楽好きも、iPhoneを個性的に変身させたいあなたも、チェックしてみてください。

フチ関係のグッズで、もうひとつ。本書で紹介しているUltra Caseを取り扱っているiPhonic cafeさん(http://iphoniccafe.com/)でも、iRibbonというフチ専用のグッズを発売されています。スキンシール・タイプなので、すっきりとした仕上がりが期待できますね。かわいいチェック柄もありましたよ。

オシャレはフチから!
そんな細部にもこだわりたい方や、背面のアップルマークを活かしてiPhone 4を彩りたいという方は、ぜひこのリングタイプやリボンタイプのケース(カバー)を試してみてくださいね。

音楽好きの私。制作中からずっとこのリングの存在が気になっていたのです。nagao008.jpg


スケジュール管理のおはなし

2010年11月29日

こんにちは。
ミルデザインスタジオの原です。

今週はもう12月ということで、
あっという間に2010年も終わりですね~
最近は、書店やステーショナリーのお店で
来年度のスケジュール帳のコーナーがとてもにぎやか。
素敵なものがたくさんあって、
いくつも欲しくなってしまいますが、
自分にあった手帳&使い方にたどり着く為に、
放浪の旅を続けている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

かく言う私も、学生の頃からさまざまなところへ旅してきました。
リフィルのものだったり、大判サイズのノートのようなもの(重かった!)
月間スケジュールのみの持ち運びしやすいもの...。
その時々の生活スタイルで、
有効的で便利(そしてムダが無い)手帳って違うんですよね~

ここしばらくは、無地のモレスキンに罫線を入れて、
見開きを1週間として使うかたちが定着していました。
好きなだけメモもできるしラフも描けるし、
スケジュールも自由なテンポで入れられて(自分で罫を入れて作成する故)
自分なりにとても使いやすい手帳にたどり着いていたのですが、

Googleカレンダーで管理している会社の進行が
どんどん重要になってきまして、
それを常に確認できればな~と思い始めました。

そこで『かわいいiPhoneのきほん』P.55に掲載されている
Googleカレンダーとの同期にトライ。サクサクっと同期する事に成功。
で、しばらく使用していたのですが、使いこなせるようになると
もう少ししっかり使いたいなと(人って欲張りですねぇ)。

というのもPCで見るGoogleカレンダーは、
他のスタッフの進行なども見られるようになっているのですが、
iPhoneカレンダーで同期をした場合、
自分のメインスケジュールのみ確認できるようになるのです。
スタッフの打ち合わせや入稿、校了等も
自分のスケジュールに関わってきますから、
それらも同期できないものかと考え...。

ふたつのアプリにたどり着きました。

★さいすけ 1200円
http://www.saysoftware.net/saisuke_i/SaiSukeTop_J.html

★Refills 1200円
http://kgt.cybernet.co.jp/iPhone/Refills/jp/Refills_Site_Japan/Refills_homu.html

どちらもなかなか良いお値段。
さいすけ<無料版>を試してみて、(なぜか)Refillsを購入しました。

結果は大満足!
外出先でも、自宅でも、
スタッフが更新したスケジュールはすぐに反映されiPhoneで確認できます。
またiPhoneで更新した私のスケジュールも、
いつでもスタッフが確認することが可能です。
また、同期すればカレンダーに反映されていた
日本の祝日も(『かわいいiPhoneのきほん』P.55をどうぞ)
最初から入ってくれています。(これで祝日を忘れることもなくなるかも!)

これがあれば紙の手帳もいらないかもな~?? と思いつつ、
やっぱり手書きで何かを描くという気持ち良さもなくせない気も。
ひとまず来年はこのRefillsといつものモレスキンで
ばっちりスケジュール管理しようと思います。

月間スケジュールこんな感じ。自分の仕事、プライベート、スタッフ2名分、定期刊行物など。

hara003.jpg

 

デザインはいくつか選べます。

hara004.jpg

 

有料のデザインもあり。こういうデザインも面白いかも。ちょっとしてみたいかもしれません。

hara005.jpg

 


「同期」のおはなし

2010年11月26日

 iOS 4.2が発表されたようですね。木村です、こんにちは。
 ようですね、というのは、まだダウンロードできていないからです。iPhone本の著者としてそれどうなの、というお言葉は甘んじてお受けいたします。いやうちのMacBook Airの調子がまた悪くて、iTunesでの同期がうまく行かないんですよね...と弁解めいた話をしてみたり。

 同期、といえば。書籍の本文中にも書かせていただきましたが、購入後、みなさんきちんと同期をしていらっしゃいますか?
 今はソフトバンクショップでアクティベートをしてもらえる関係で、ユーザーさんの中にはiTunesでの同期をほぼしないで使われている方も多いと聞きます。でも、同期を日課としていて、すでにiPhoneの調子が悪くなったことがある人間(私です)からすれば、そんなに怖いことはないというか...。
 落として壊れた、初期化しないといけない、そういった時にもバックアップがあることの安心感たるや相当なものですから、ぜひぜひトライしてみてください。
 面倒なことは起こらない方がもちろんいいのですが、「同期していてよかった」としみじみ実感できるかと思いますし、起こってからiPhoneに向かって拝むよりずっと精神衛生上にいいですから(Macの世界では拝む・なでる・叩くはわりとよくやるおまじないです。冗談でなく)。

 ...と、なぜこんなに真剣に言っているかというと、Airの調子が悪い=同期ができない=バックアップができないから、です。切実に困っています、というか怖いです。もういっそのこと新しいAirに変えてしまいなさい、というお告げなのかもしれません。ううう。

 ビートルズのデジタル販売も始まったことですし、iPod機能のことでも書こうと思っていたのに今週は跳んだアクシデントでした。みなさんは(ハード&ソフトともに)お気をつけくださいね。

切ない気持ちを覆い隠すかのように、クリスマス気分の写真にしております。
kimura011.jpg


手作り写真デコケースのおはなし

2010年11月25日

先の連休に温泉へ行ってきて、今週はホカホカ気分のお手伝い・長尾です。

さて、読者のみなさんのなかで、手作りケースを作ってみたよという方はいらっしゃいますか?

気にはなるけど、ちょっと面倒くさくて後回しにしちゃう......という方のほうが、なんだかんだで多いかもしれませんね(笑)。

そんな方でも簡単に作れるのが、本書の手作りケースページで紹介している写真デコレーション。
本誌で紹介しているのはiPhone 4仕様となりますが、写真とハサミと透明のケースと本書のカバー(のコピー)さえあれば5~10分くらいでできてしまいます。

この写真デコレーションを提案してくれたフォトグラファーの菊岡さん曰く「小学生の頃にやっていた人も多いと思うのですが、ケースタイプのプラスチック下敷きに好きな絵や写真を挟んでいたのと似た感じ」とのことで、その日の気分によって差し替えができる優れもの。
子ども時代を懐かしみながら作ってみるのも楽しいですね!

写真をiPhoneで見るのもいいですが、ちょっとしたフォトフレームとして活用してみるのもいいかもしれません。
透明のケースを使っているんだけど、イマイチ味気ないな......という人もぜひお試しあれ!

私も温泉旅行で撮りためた写真をいろいろ切り抜いてみます!
近い将来手にするであろうiPhoneのために......。

カバー袖にiPhone 4と同じ大きさの枠があります。コピーして使ってくださいね。くり抜いちゃ勿体ない!(......と本好きからのご忠告)

nagao007.jpg 


「ケース」のおはなし

2010年11月22日

こんにちは。
ハロウィンが終わったと思ったら、あっという間にクリスマス仕様のイルミネーションに模様替え――そんな街中を歩きながら、早くも今年の自分へのご褒美(クリスマス・プレゼント)を考えている、お手伝い・長尾です。

プレゼントといえば。
クリスマスにちょっとリッチなiPhoneケースを贈るというのはどうでしょう?

本書でもiPhoneケース&グッズをたくさん紹介していますが、たとえばシンプルデザイン、スタイリッシュデザインで紹介している革製ケース。

財布やそのほかの小物などでもそうですが、革というのは丈夫ですし、使い込むことで味を増し自分だけの色になっていくもの。良いものを長く使いたい人などにはお勧めです。

本書で紹介しているレザーのハンドメイド・ショップのVintage Revival Productions(http://www.vrp-jp.com/)さん、Diralさん(http://d-tokyo.com/)、dubmagic leatherさん(http://www.dubmagic.jp/)では、本書に掲載している商品以外にもさまざまなカラーや革のバリエーション、その他素敵な革製品があります。ホームページやショップなどでチェックして、プレゼントしたい人にぴったりな一品を探すのも楽しいかもしれません。

そうそう、プレゼントって、贈る相手のことを考えながらあれだこれだ考えるのが楽しかったりしますよね。喜んでくれるかな、どんな顔するのかな......。私の場合は、楽しみすぎて当日ギリギリになってしまうのですが(笑)。

ハンドメイドでもうひとつ、LIFEさん(http://www.sweetd-life.com/)のマホガニー材ケースも素敵です。高級木材としても名高いマホガニーの木を使った職人技の光るケースは木の温もりが好きな人などに喜ばれると思いますよ!

今年のクリスマスには、大切なあの人やお世話になったあの人にハンドメイドの逸品を贈ってみては?
プレゼント探しに迷ったときのガイドとしても役立つに違いない本書のケース&グッズ紹介ページ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

革製ケースをはじめ、あの人にぴったりなケースを探してみるのも楽しいですよ!

nagao005.jpg

nagao006.jpg


「カメラ」のおはなし

2010年11月19日

 こんにちは、木村です。そろそろ今年もMacBook Airの熱で暖を取る季節になってきましたね。私はすぐ手が冷たくなるので、手元のヒーター感覚でちょうどよくなるんですよ...。

 書籍に関する小ネタも4回ほどになりますが、今回は「カメラ」ページ関連です。元々iPhoneってカメラ機能が弱いとされていたんですが、iPhone 3GSからiPhone 4になり、解像度もフラッシュ機能もグンとアップしました。でもカメラ用アプリもまったく廃れることはなく、むしろどんどん楽しいものが発表されています。なので、この項目の執筆は「お仕事だけど楽しいわー!」という感じで進みました。そして、せっかく写すならちょっと面白い物にしようと考え、近所のお店にお願いしてリスの置物を商品の間に紛れ込ませたり、銀行の植え込みに置いたり、なんてこともしてみました。

Polarizeのページは「リスが大冒険するはなし」にしようとなんとなく思っていたのですが、植え込みがジャングルに見えるのは発見でした。

kimura008.jpg

 

未掲載画像です。ここにはリスはいないんだけど。

kimura009.jpg 

そういえばこの撮影の日は、日傘から離れたのは少しだけだったのに、夜になってからの首筋のジリジリ感といったら半端じゃなかったなあ。しかも、撮影中には通りすがりの人も誰も外におらず、暑さと人のいなさすぎ加減に少し変な気分になったりもしました(天変地異や事件の起こる映画にこういうシーンってないですか?)。

 ところが、ちょっと、いやわりと面倒な問題が発生したんです。動かない被写体でも機能が見せられるアプリはよかったのだけど、動きが重要な連写アプリや加工アプリでは機能がうまく表現できないと気づいたんです。iPhone 4では自分撮りもできるけれど、ポーズが限られるし距離も近すぎますからね。一人で進める作業にも限界ができてしまった...。

 そこで、被写体として力になってくれたのが、かつて写真を学んでいた友人たちでした。突然の電話にも関わらず、近所の公園で花火をつけては何パターンものポーズをしてくれました。写真に慣れているからか、撮られるということにもとまどいがないし、とってもやりやすかった。そういえば、彼女「今年初めて花火やったかも」と言ってたなあ。足を蚊に刺され倒しながらの撮影は、私にとっても今夏のいい想い出になっています。

 ただ、このページの中心は被写体撮影ではなく、あくまでカメラ機能の説明。原稿の締め切り直前にあったiOS 4.1の発表では、カメラに関してもHDRのON/OFF機能が追加されたために写真がいくつか差し替えになったりもしました。修正で使えなくなった画像もいくつかあって、そこはなんだか少し切なかったですね。仕方ないことなんだけど。とまあ、こんなふうにたくさんのご協力をいただいているので、いろんなところに足を向けて寝られない昨今です。

 *

 カメラアプリのページということで、少し前ですがカメラアプリでちょっと面白いものがあるのでご紹介します。それは、通称「水没カメラ」。元々、映画「ビューティフルアイランズ」のプロモーション用にリリースされた、どんな場所でも水没した状態の写真が撮れるアプリです(水平線も調節できます)。映画の内容を聞くと面白がってもいられないんですが、パッと見のインパクトはかなりある一発勝負アプリなので、話のタネとしていいんじゃないかと思います。

このアプリを入れた人はまず最初に自分の働いている会社を撮るという話を聞きましたが、本当なんだろうか...。

kimura010.jpg


たくさんの書店さんに面陳していただいています。その2

2010年11月15日

『かわいいiPhoneのきほん』を
おおく取り扱ってくださっている書店さんをご紹介します!

・有隣堂 ルミネ横浜店さん(http://www.yurindo.co.jp/storeguide/%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d%e7%9c%8c/%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2/%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%8d%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%ba%97/

syoten_yuurindourumineyokohama.jpg

 

・有隣堂 ヨドバシAKIBA店さん(http://www.yurindo.co.jp/storeguide/%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd/%e3%83%a8%e3%83%89%e3%83%90%e3%82%b7akiba%e5%ba%97/

syoten_yuurindouakiba.jpg

 

・書泉ブックタワーさん(http://www.shosen.co.jp/hp/tower/index_tower.html

syoten_booktower.jpg

 

どーんと積んでくださって、ありがとうございます!
みなさま、どうぞ宜しくお願いいたします!


打ち上げのおはなし

2010年11月12日

季節外れの台風が過ぎ去ったかと思えば、一気に朝晩が冷え込むようになりましたね。もうヒートテックが手放せない、寒がりなお手伝い・長尾です。

さて先日、無事刊行! のお祝いで、ちょっとした打ち上げを行ないました。場所は都内某所の和風居酒屋さん。ビルが立ち並ぶ地区にもかかわらず、一軒家(といっても3階建)に日本家屋風のしっかりした門構えというなかなか雰囲気のあるお店で、ご飯も美味しかったです(でもお値段は、驚くほど高いわけじゃない!)。

お店の感想は置いといて、その時のちょっとしたエピソード。

じつはそのお店がちょっと入り組んだところにあってちょっとわかりづらく、私も行くときに道を一本間違えて遅れてしまったんですね。もう一人が着いた時にもやはりそんな話に。どうやらみんな迷ってしまったようです(一人待ちぼうけになってしまったSBCrの編集・杉山さん...)。

そこですかさず杉山さんが、「iPhoneでマップを見ればらくにわかりましたよ!」。

そうでした! iPhoneのマップアプリで、店名を検索すれば場所が表示されるのでしたね。あとはGPSで現在地を確認しつつ、マップのコンパスで方向を合わせながら歩けばなんとかなるのでした。なんて便利な機能! と思いつつ、非iPhoneユーザーの私ははじめから使えるわけもなく......(泣)。iPhoneがまた欲しくなってきました。

そんな制作チームのiPhoneと携帯を記念にパシャリ。


nagao003.jpg

こうして見るとやはり私の携帯は浮いて見えますね(笑)。
ちなみに、やけに男気あふれるiPhoneたちに見えるのは気のせいです......。
(みんな使い込んでいるのです!)

本書では、マップの基本&便利な使い方も掲載していますので、地図は苦手という方からもっと使いこなしたい方まで、是非参考にしてみてください。

そういえば、アマゾンの通常配送の配送料が無料になったんですよね。書店に行く時間がなかなかなくて......という方は、こちらでもチェックしてみてくださいね!


「キャプチャ」のおはなし

2010年11月11日

 こんにちは、木村です。急に寒くなって困りますね。MacBook Airが熱でおかしくなりかけていたあの夏の日々がうそのようです...。

 さて、今日の小ネタは「キャプチャ」のおはなしです。「キャプチャ」というのはパソコンやiPhoneなどの画面を撮影した画像のことで、この本にもたくさん掲載しています。一般的な雑誌や書籍の場合、文章以外の要素はイラストレーターさんのイラストやカメラマンさんの写真くらいなのですが、こういうIT書だとキャプチャは文章の補足として欠かせない存在なんですよね。読んでいただいたみなさんはお分かりかと思いますが...。

 で、このキャプチャたちを誰が撮影するかといえば、実はそれもライターだったりします。つまり、行程を文章で説明しつつ文章に沿ったキャプチャを撮影するわけなので、ページの見た目に反して作業量は結構多いんです。しかも、画像として必要なのは「テキスト入力中、フリック時に文字候補が表示された一瞬」とか、「カメラのオートフォーカス時にピントマークが表示された一瞬」とか、タイミングが重要な画像がものーすごく多いんです。そうでなければ、登録作業時に一度しか表示されない画面だとかですね。なので、失敗するとそれはそれは大変な二度手間に...。

 撮影自体はホームボタンと電源ボタンを同時押しするだけなのですが、それも150枚も続けているとね...「...orz」と書きたくなる程度には弱ってきます。さらに私の場合、前回のブログでも書いたようにネイルに長さがあるので、タップしながらボタン二つを同時押し、というのはかなり大変。もし今回の撮影風景を見た人がいたとしたら、「この人大丈夫か!?」と思われそうなほどに、アクロバティックなポジショニングでいた気がします。

 キャプチャ撮影にはいろいろとありましたが、その一方で、画像に映り込ませる物には多少こだわってみています。今回は女子の読者さんが中心ということだったので、派手めの色だったり見た目がかわいらしい雑貨やグッズを選んでみたのですが、いかがだったでしょうか。ほぼ私物だったので、個人的には「これまで趣味で集めてきたものがついに役立った!」とちょっぴり嬉しい気持ちでいるのでした。

kimura006.jpgこのスノードーム、本の中にもちょっぴり登場しています。さて、どこでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうそう、かわいいといえば前回ご紹介した「Instagram」。実は、あの直後にアップデートされてアイコンが変わってしまったんです。前のビジュアルの方が圧倒的にかわいかったのでとっても残念...。そのリベンジというわけではないのですが、もう一本かわいいアプリを挙げておきますね。

 その名も「ウラナイムシ」(http://itunes.apple.com/jp/app/id392212123?mt=8)。本書でも掲載した「オトブロック」のシリーズ最新作です。おなじみリズムシくんが「今日のうんせい」と「おみくじムシ」の二つで占ってくれますよ。ゆるくてかわいい雰囲気は相変わらずなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

kimura007.jpg今回はリズムシくんが水晶玉を持ってます。ラブリー★

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 


デザインのおはなし。その2

2010年10月29日

『絵本のような』というからには
どのような絵にするかは重要です。
それによって、本のイメージが随分と変わってきますからね~
どんなイラストレータさんに依頼するか...。
シンプルでかわいくて、親しみがあってやさしい印象で
色がきれいで絵が上手で...。(動物が上手くて、ユーモアがあって...)
キーワードを上げればきりがありません。
そして制作チームで喧々ゴウゴウの議論を交わした結果!!!
イラストレータ&絵本作家の絹さんにお願いするという結論に至りました。
(って、実はすぐにスパっ!と決まったんですけどね)
ドキドキしながらご連絡すると
快くお引き受け下さいました。やったー!

絹さんは、柔軟にこちらのイメージを理解して下さり、
上がってきたイラストは、想像以上のかわいらしさでした。

ぜひ『かわいいiPhoneのきほん』のp.14-27を開いて、
イラストに注目してみて下さい。
主人公と動物たちが、森の中から丘に出て、虹を渡ったり...
のんびりとお散歩をしているストーリーが楽しめると思います。

そうやって、動物たちに応援されながら
なんとなく難しそうなiPhoneの使い方や基本の設定方法が
いつの間にかできるようになる(!?)という
今あるiPhone入門書では見ることの無い、
素敵なページが仕上がりました。

(その3へ続く...?)

 

校正紙です。これで色の確認をしまーす。

hara002.jpg


iPhoneとネイルのおはなし

2010年10月29日

 こんにちは、木村です。今日はiPhoneとネイルのお話をしたいと思います。

 こうしてiPhoneの本を書かせていただいていますが、私が実際にiPhoneを購入したのは、わりと遅い時期でした。呑みに行った5人のうち私だけが普通の携帯で、その場の全員から「なんでiPhoneじゃないの?」と言われたりしたこともありました(ひどい)。事務手続きのことや契約のことなど理由は色々あったのですが、一番気になっていたのはタッチパネルのことでした。何を隠そう私、10年前からネイルサロンに通うネイルアート好き。スカルプチャ(樹脂)をしていた頃は長さが1センチの時期とか平気であったんです。なので、駅の券売機もATMもタッチパネルは第2間接が大活躍という感じで...。

kimura004.jpg「その爪だと仕事の時に邪魔じゃない?」とよく聞かれるのですが、お仕事での影響はほぼないです。重めのデジイチで撮影したり、平気で重い箱を持ったりしますしね...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  それでやり過ごして来れた日々でしたが、iPhoneではそうも行かないじゃないですか(反応してくれる範囲が狭いし)。iPhone 3Gが発売された頃、喜び勇んで購入したおじさんがキャバクラのキャバ嬢に見せびらかすも、盛り盛りネイルの彼女たちだと触ってもタッチパネルがまったく反応せず「何これつまんない~」と言われてがっかり、という笑い話を何かで見かけたことがありました。それ、笑い話でなくて本当のことなんですよ。デコページでお世話になった後藤さんは、ずっとお世話になっているネイリストさんなのですが、二人で「iPhoneのタッチパネルってどうですか?」話をしたこともありましたしね。でもまあ、そういう不安を上回る勢いでどうしても欲しかったこともあり、今ではすっかりiPhoneユーザーなのですが...。

 そんなこんなの思い出が、14ページの「おしゃれネイルにご用心」へと繋がっているわけです。記載はほんの少しですけれども、個人的には絶対に書いておきたいことの一つでした。ネイルアート全盛の今では、女の子にとって絶対欠かせないことだと思っていたので。今はネイルの長さも半分になりましたが、指の腹で軌道とキーの距離を考えつつフリックするのは未だ変わりません。ATOK Padのリボルバータッチもできるようになりましたよ(嬉しくない)。

 でもまあ、それは私がツールを買っていないというだけの話で。今ではかわいいタッチペンもありますし、ネイルアート好きの女の子でもiPhoneが圧倒的に使いやすい環境になっています。今回掲載させていただいたIDEA 4 LIVINGさんの「TOUCH PEN PART2」もかなりかわいかったので、私もひとつくらい購入しておいてもいいかな、と思っている今日この頃です。

 *

 それとは別に、最近「Instagram」(http://itunes.apple.com/jp/app/instagram/id389801252?mt=8)というアプリにはまっています。訪れた場所の記録を写真でしていくというものです。登録するとユーザー同士が繋がれたり、好きな写真にチェックができたりします。

kimura005.jpg

 本誌でも紹介したCameraBag(http://itunes.apple.com/jp/app/camerabag/id291176178?mt=8)と画像をスクラップできるTumblr(http://www.tumblr.com/)とTwitterを足した感じとでも言いましょうか。あと、とにかく写真の加工できる種類が豊富! 仕上がりもきれいだし、UIやアイコンもとてもかわいいのでおすすめです。

 それではまた。


撮影のおはなし

2010年10月28日

この2、3日で急に寒くなって、しかも雨続き......。
お昼のぽかぽか陽気が恋しいお手伝い・長尾です。
なんだか台風も近付いているようで、本当に変なお天気。みなさん、iPhoneのお天気アプリをはじめ、天気予報で最新の情報を確認しながらお出かけくださいね。

さて、今日はiPhoneユーザーさんたちの撮影のお話。

アプリ紹介ページの途中に、実際のユーザーさんたちが写真登場しています。
本の発売は10月だったのですが、この撮影はまだ残暑の厳しい8月末頃でした。とくに今年の残暑といったらもう......。みなさんも記憶にしっかりと刻まれているかと思います。
撮影当日の最高気温もなんと34℃! 体感温度はもっとあったと思います。今回、アンケート回答者のなかの一部の方々にご協力いただいたのですが、当日集まっていただいたみなさん、酷暑のなか本当にありがとうございました!

撮影のほうは一人ずつ順番に撮っていたのですが、カメラマンさんの突っ込みにユーザーさんたちそれぞれの反応のとてもいいこと(笑)。私もレフ板を持つお手伝いをしていて真横で聞いていたのですが、本当に面白かったです。

余談ですが、私が持っていたレフ板の位置が悪くてカメラマンさんにお直しをいただくこともしばしば(お待ちいただいた方々、すみません!)。陽の傾きや撮り方によって調節するのですが、アシスタントさんって大変! と、ちょっぴりですが、カメラマンさんの世界の勉強にもなりました。

待ち時間には、みなさん初対面にも関わらず、iPhoneをきっかけにいろいろとお話しされていたようです。とくに、当日唯一だったiPhone 4ユーザーの方には、使い心地を聞いたりするなど、みなさん興味津々。OSは替えても、やっぱり多少使い勝手が違うので気になるようでした。そういえば、たしかあの時期はiPhone 4に乗り替えたくても、予約待ちでいっぱいの状況だったんですよね。

そうそう、じつは当日、最後まで残っていただいた4名の方である写真を撮っていました。
それがこれ。

nagao002.jpg

とっても爽やかなiPhoneとお空の写真。
本に掲載する予定だったのが急きょ変更に。幻の一枚となってしまいました。

この写真を撮るとき、空を背景にするために、膝立ちして結構な時間iPhoneを頭上に掲げてもらっていたんです。いくらiPhoneとはいえ、こんな体勢で数分もいるとちょっと大変。でも、そこで思わず出てきた言葉が「iPhoneエクササイズ」。普段使っていない筋肉が使われるということで、途中からちょっと気合の入った雰囲気に。小さなとこからコツコツと、ということでしょうか。
やはり年頃の女子たちの目の付けどころは違う!? みなさんもお試しあれ(笑)。


撮影はこの日ともう1日あったのですが、参加してくれたユーザーのみなさんには、お休み中や用事の前、仕事の合間などに来ていただいたりして、ご協力本当にありがとうございました!

本書では実際のiPhoneユーザーさんの声も多数掲載しています。アプリのオススメや、画面のカスタマイズなど、ぜひ参考にしてみてくださいね。


たくさんの書店さんに面陳していただいています

2010年10月26日

『かわいいiPhoneのきほん』を
おおく取り扱ってくださっている書店さんをご紹介します!


文教堂書店 渋谷店さんhttp://www.bunkyodo.co.jp/c/tenpo/sibuya.html

bunkyoudou-shibuya.jpg

 

・啓文堂書店 渋谷店さんhttp://www.keibundo.co.jp/shibuya/

keibundou-shibuya.jpg

 

・リブロ 池袋本店さんhttp://www.libro.jp/shop_list/2009/07/ikebukuro-honten.php

libro-ikebukuro.jpg

 

・ジュンク堂書店 池袋本店さんhttp://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-ikebukuro.html

jyunkudou-ikebukuro.jpg

 

・リブロ 町田店さんhttp://www.libro.jp/shop_list/2009/07/post-29.php)

libro-machida.jpg

 

どーんと積んでくださって、ありがとうございます!
みなさま、どうぞ宜しくお願いいたします!


iPhoneケース&グッズのおはなし

2010年10月22日

ついに発売されましたね! 書店で平積みされている本書を見かけるたびに、どんな人が手に取ってくれるのかな? とワクワク・ドキドキしている、お手伝い・長尾です。

さて、本書では先日お話しした手作りケースのほか、各ブランド、メーカーのケースや周辺グッズも多数紹介しています。 

nagao001.jpg

最近は、実用的でかわいいケースやシンプルだけど素材にこだわったものをはじめ、本当にたくさんのケースが発売されていますよね。iPhone 4用ケースのラインナップもかなり充実してきていて、もう迷いたい放題...。
後半のページでは、そんな無数にあるケースや周辺グッズの中から、制作チーム厳選の品々を紹介していますので、迷えるiPhone女子のみなさんもぜひ参考にしてみてくださいね!

余談ですが、先日、友人夫婦に1年近くぶりに会ったら、夫婦揃ってiPhoneユーザー(3GS)になっていました。しかも奥様は、本書でも紹介しているCath KidstonのiPhoneケースを愛用中! 本国である英国で発売されてからずっと話題になっていたのですが、なんでも日本での発売早々に購入したとのこと。売り切れ必至の人気商品だけに、羨ましがる人も多そうです。

それにしても、実際にユーザーの方が使っているところを見ると、やっぱりユーザーによってiPhoneの雰囲気が違って面白いなと思います。ケース選びやトップ画面など、本当に人それぞれ。そうやってカスタマイズする楽しさが、iPhoneには無限にあるんですよね。
(これは、撮影のときにも感じたことですが...)。

ちなみに彼女に本書のことを話したら、「使いこなせていなかったから、ちょうどよかった!」と、iPhoneを手に取り、その場でamazonから購入してくれました(笑)。ありがたやありがたや...。
おなじく「もっと活用できたら」という旦那様も気になるようで、夫婦で活用してくれるといいなと思ったのでした。

iPhoneの機能説明はもちろん、アプリやグッズページでは男性も一緒に楽しめるものも多く掲載されていると思います。彼や男友達、家族みんなで読んでもらえたらうれしいです!

また、グッズページでは、各種ケースをはじめ、3GS~4対応の周辺機器もたくさん紹介しています。最近のiPhone本はiPhone 4用ばかりだし、なんてやさぐれている3GS愛用中の方も必見ですよ!


「こんにちは、iPhone」のおはなし

2010年10月21日

こんにちは。
 先日、帰省中に某書店でこの本が面出しされているのを発見。しかも結構な冊数が置かれていたので異様に気分を上げて戻ってきた木村です。14日発売と聞いていたのですが、そろそろ全国の書店に行き渡っているそうなので、改めてよろしくお願いいたします。

 さて、前回はどんな方向性にするか考えた時のことを少し書きました。今回からは、その内容に関してちらちらとお話していこうと思います。しばしおつきあいくださいませ。
 
 本は手にすると、まず表紙から順にご覧になる方が大半かと思います。この本では、本扉の次に短いテキストとiPhoneの写真の見開きが現れますよね。kimura002.jpg

 このテキスト、最初のページですが、書いたのはもう最後の最後らへんでした。執筆や加筆修正の作業も85%くらいまで進んでいた頃だったと思います。今回は平行作業が多かったので、たまたまそういう流れになったのですが...。まあ、そんな時期ですから、私の心には、原稿に対して相当な思い入れが生まれていました。しかも、ここは一番最初に目にする部分。何か印象的な言葉を入れたいなあ、と思いました。

 でも実は、とてもすんなり決める事ができました。自分が昔大好きだった本のタイトルがすぐに浮かんだからです。その本は、すがやみつる先生の『こんにちはマイコン』。大人気マンガ『ゲームセンターあらし』の主人公あらしたちが、マイコン(*1)を学ぶというホビーコミックス(*2)です。

 この本が発売された1980年代は、ちょうど一般家庭にもマイコンが普及し始めた頃でした。小学生だった私も、父が購入したPC-8801で一緒に触ったり遊んだりしていました。プログラムは難しくて自分ではうまくできなかったけれど、それでもとても楽しいものだったと感じた記憶も残っています。難しさよりも、新しさや楽しさが先に立って残っている。それはきっと、マイコンが家にやってくるまでに『こんにちはマイコン』をわくわくして繰り返し読んでいたからだったのだなと今になると思えます。

 そう考えると、なんだかよくわからなくても「楽しい」「触ってみたい」という気持ちになれることは、新しいツールに触れる時にはとても大切なことなんですよね。だから、見せ方は少し違うけれど、本書の考え方って、『こんにちはマイコン』とすごく近いところにある気がしています。「よくわからないから怖い」ではなく「なんだか楽しそう」と感じてもらえますように。買う前にはわくわくしてもらえますように。「こんにちは、iPhone」というフレーズには、昔の自分が感じたような気持ちを、今の女子たちにも感じてもらえたらいいな、という思いを込めています。

*1 マイ・コンピューターの略。当時はパソコンではなく「マイコン」の名称が一般的だった
*2 http://www.m-sugaya.com/arashi/pc-index.html


その約30年後、電子書籍で読めるようになるとは...。今回原稿執筆で死ぬほどがんばってくれたMacBookAirに入れて読んでいます。

kimura001.jpg

 

しかもこのデータはeBookJapanのWebサーバ上に置くと、パソコンだけでなくiPhoneでも読むことができるんです。フューチャーイズナウ!

kimura003.jpg


デザインのおはなし。その1

2010年10月18日

こんにちは。
デザインをさせていただいたミルデザインスタジオの原です。

ようやく完成しました「かわいいiPhoneのきほん」!!!
あっという間に過ぎ去った製作期間でしたが、
関わって下さった人々、そして製作スタッフが
真面目で一所懸命で面白い人たちばかりだったので、
とても楽しい本づくりの時間でした。

初心者ユーザーだった私も
この本をデザインしたおかげで随分使いこなせるようになりました。
本当にiPhoneって、色々なことができるんですねー

さて私からまずはこの本における
デザイン的なポイントをご紹介できればと思います。

本のスタートは、こんな感じでした。
『女子iPhoneユーザーがほんとに知りたいことが載っている楽しい本』。
ビジネスユースの解説書はたくさんあるけれど、
女子向けのiPhoneの書籍は、本屋などであまり見かけませんので、
新しいものになるなら、今までに無い見せ方をしたいと思いました。

通常のパソコン関連の解説書となると、
無機質な色の画面のイメージが淡々と並んでいるというものになりがちですが、
分かりやすさを損なわずに、
楽しい気分で読みすすめられるものにしたい。

そこで『絵本のような』というキーワードを決め、
イラストと解説が一体となった本にする、
という方向でデザインを進めることにしました。

(その2に続きます!)

 

手作り束見本。最終バージョン。変更や修正の度に作り直して、3冊くらい作ったな~

hara001.jpg


手作りiPhoneケースのおはなし

2010年10月14日

こんにちは。
お手伝い担当の長尾です。
今回、グッズの手配や手作りページ、撮影などのお手伝いを担当しておりました。
私からは、手作りケースのこと、撮影や制作現場の裏話などをお届けしたいと思います!


終わりのほうのページでは手作りのiPhoneケースを紹介していますが、その手作りケースページを担当したことで、十数年ぶりに編み物・縫い物心に火が点きまして(小学生の頃、編み物クラブなるものに所属してたんです!)。ポイントごとの編み方の確認だけでは飽き足らず、そのままニットケースを作ってしまいました!

nagao_case01.jpg

このニットケースですが、とにかく細編みでぐるぐると編んでいくだけ!
本当に、簡単に作れるようになっています。時間的にも、集中して作ってだいたい半日くらいでできました。早い人なら3~4時間くらいあれば作れると思いますよ。

ただ、制作チームで唯一非iPhoneユーザーだった私。今はiPodケースとして使っています(早くiPhoneに替えたい!)。

nagao_case02.jpg

それにしても、秋っぽい感じにしたいなと思って茶色の毛糸を選んでみたものの、ちょっと地味になりすぎました。ボタンもウッドボタンのほうがいいなあ。

......そんなわけで、新たな毛糸を買って、また作ってみたいと思います!
こんなこと言えちゃうのも、シンプルで簡単だからこそ。いろんな色のバリエーションを作ってみたり、糸の種類を変えて風合いの違いを楽しんでみたりするのもいいですね。

あ、だけど前に毛糸を買ったときにポシェット用にと思って布も買っておいたんだった!
うーん、どちらから作ろうかなあ......。


そうそう、著者の木村早苗さんですが、じつはニット小物の制作もされているのです。
プロフィールをよく見ていただくと......ほら!

そんな木村さん(ISKRA)提案のニットケースをはじめ、本書では手軽に作れるかわいい手作りケースを紹介しています。ぜひ皆さんも自分だけのiPhoneケースを作ってみてくださいね!


著者・木村早苗よりのごあいさつ

2010年10月13日

 みなさんはじめまして、木村早苗と言います。


 このたび『かわいいiPhoneのきほん』の執筆をさせていただきました。こちらのブログにもたびたび登場すると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 著者ということでエントリのトップバッターを仰せつかったのですが、普段は地味に活動しているので少し緊張しています。わりと小心者です。...というのはさておき。第一回目でもありますし、10月14日に発売を控えた『かわいいiPhoneのきほん』の内容について、簡単にご紹介させていただこうと思います。

 iPhoneが発売されて約3年、私の周りにもiPhoneを持つ人が目立ちます。初期のユーザーはガジェット好きな人が多かったのですが、今ではその辺もあまり関係なくなった気がします。むしろ、デザインのかわいさからiPhoneにしたい、という女子が増えているような。でも、実際に聞いてみると「ケータイと違うから変えるのが不安」という意見、またユーザーの人でも「買ったはいいけどあまりよくわからない」という意見が意外と多いんですよね。なんとなく使えてしまうからこそ「まあいいや」止まりになってしまうのかもしれませんが。

 そんなわけで、この本は「iPhoneに興味がある」または「買ったけどいまいち使えていない」人たちに、ぴったりくる内容にしようと考えました。基本の使い方はもちろん女子に便利なTipsって? どんなアプリをよく使うんだろう? といった感じで。例えば、「マップ」アプリの説明にページを割いていたり、クリエイターさんによるオリジナルケースの作り方も載っているあたりは、特にほかの書籍と少し違う部分かもしれません。その他の内容は書籍を読んでいただくとして、基本とあそび両方の面があるので、メカに弱い方でも親しんでいただけるのではないかと思います。
 元々、iPhoneはしかめ面で本を見ながら使うものでもないですし、基本がわかればあとは自由。ですから、その自由さをより楽しんでもらうガイドとして、もしくは困った時のお守りとして、気軽に接していただければと思います。もし、この本がiPhoneのそばに常に置いてもらえる存在になったとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

 夢のようにかわいい本にしてくださったのは、イラストレーターの絹さんとmill design studioさん(ありがとうございました!)。本棚に置くだけでも楽しい気分になれること間違いなしです。ぜひ、本屋さんやWebショップでこの真っ赤な表紙を探してみてくださいね。

hello_kimura.jpg 

 

 


Original Wall Papaer
オリジナル壁紙
プレゼントページはこちら!


Index
本誌の目次はこちら!